愛してるって言ったのに!突然「オトコが心変わりする瞬間」3つ

男性の心変わりは突然にあらわれます。「ずっと愛しているよ」なんて、甘い言葉で約束してくれたはずなのに。浮気や不倫で、破局が訪れるカップルは後を絶ちません。 急に冷たくなった……。そんな時、カレの心にはいったい何が起きてい…

愛してるって言ったのに!突然「オトコが心変わりする瞬間」3つ

男性の心変わりは突然にあらわれます。「ずっと愛しているよ」なんて、甘い言葉で約束してくれたはずなのに。浮気や不倫で、破局が訪れるカップルは後を絶ちません。

急に冷たくなった……。そんな時、カレの心にはいったい何が起きているのでしょうか? 予防策はあるのでしょうか?

“男性が心変わりする瞬間”についてご紹介します。

 

■男性たちの、恋心スイッチ

「本当に好き」、「愛してる」、「いつか結婚しようね」。勝手なことを言っておいて、好きじゃなくなった瞬間に、急に冷たくなる男性たち。

好きも嫌いもジワジワと感じる女性たちと違い、男性たちの恋心スイッチは、何かの“きっかけ”に、カチッと切り替わってしまうようです。

男女の性差を書き綴ってきた、恋愛コラムニストの小川沙耶さんに、“男性が心変わりする瞬間”について教えてもらいました。

 

■1:空気みたいな存在

「“もう空気みたいな存在だから……”。男性が、友達などに言い放つ、彼女を表現したこの残酷な一言。長年一緒にいるから、いつのまにかそうなってしまった、ととらえられますが、この場合も、実は決定的な一瞬があります。

どのタイミングで、“空気”に変わったのでしょうか? 男性本人も気づいていないかもしれませんが、これは“性的魅力を感じなくなった瞬間”です。

なんの刺激もない。無味無臭。こう感じてしまうのに、“一緒にいた時間の長さ”は関係ありません。ただ、長いほど、その瞬間が訪れる確率が上がるだけ。

“相手を刺激する”という夜のお作法をおろそかにしつづけてると、男性に生理的に訪れる“本能優位”になった瞬間に、“この人と一緒にいる人生には飽きた”と判断されてしまうのです」

 

■2:劣化したなぁ……

「女性は劣化します。残念ながら、老いには逆らえません。そして、男性には“好みのタイプ”のストライクゾーンがあります。

付き合っているわけですから、そのストライクゾーンに入っていたわけですが、劣化が進み、ある瞬間、そこから外れてしまうわけです。

とはいえ、男性のストライクゾーン自体も変化していくもの。カレのことを愛しているのならば、その話などから、微妙な“好みのタイプの変化”を読み取り、ストライクゾーンに入り続けるよう、自身の魅力を磨くことが大事です。

もちろん、美容に気をつけ、アンチエイジングに努力すべきなのは、言うまでもありません」

 

■3:それは……愛せない!

「男性は基本的には、愛する女性のワガママや主張を聞いてくれる傾向があります。付き合っているわけですから、性格的にも“自分が許せるワガママ・主張”を言う女性であることが、ほとんどでしょう。

ですが、人間は成長し、変わっていくもの。仕事など環境の変化で、今まで許せていたもの、愛せていたものが、“それは違う!”と思ってしまうようになることもあるのです。

そのとき、“それは違くないか!?”と、ケンカの形でぶつかることもあるでしょう。愛されたいからと、自分を曲げてまで折れる必要はありませんが、自分の意見だけを通そうとするのは考えもの。

“今は私にはわからないけど、確かにそういう意見もあるかもしれないから、考えさせて”くらいは譲歩できないと、“もうこの人のことは愛せない”と思わせる瞬間が訪れてしまいます」

 

いかがでしたか。長く付き合っているカレを相手に、上記を実践するのはなかなか難しそうですよね。それこそ愛がないと、できないことです。……そう考えると、カレが心変わりしてしまう理由は、“あなたの愛が足りない”からかもしれません。