あきらめない!好きすぎる男子と絶対に「両想いになる」方法3つ

好きな人ができると、毎日がドキドキ・ワクワク。している間はいいけど、全然進展がないと、ハァーッとため息ばかりの毎日になってしまいますよね。「あきらめたほうが、楽かもしれない……」なんて思わないで! 恋するあなたのため、恋愛の専門家に、「好きすぎちゃう」男子と両想いになれる方法を教えていただきました。

ポイントは“恥ずかしがらない”

好きになってしまうと、相手に“好きバレ”しないように、恥ずかしがって上手にしゃべれなくなってしまうもの。

でも、恥ずかしがっていては、何もはじまりません。積極的に“好きバレ”しちゃうことは、他の男性からのモテにもつながるのです。好きな人と両想いになれる! “積極的コミュニケーション術”を、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんい教えていただきました。

 

アイコンタクトする

「目と目が合う瞬間が、“フォーリンラブの合図”になることが、あります。

印象的なアイコンタクトは、後々、思い出してしまうのですね。あなたの顔を思い出した瞬間、“かわいい”、“いい子”、“セクシー”というような、好印象を感じるようであれば、両想いは近いでしょう。

好印象を与えるには、後述のテクを使ってください。でも、まずは、“思い出して”もらうことが肝心ですよね。

そのためには、しっかりと相手の目を見るアイコンタクト。恥ずかしがらずに、好きな人の目をしっかりと見つめましょう」

 

イイ話をする

「目当ての男性がいるときに、話す機会があったら、それはもちろん大チャンス。

ここは極端なほど、“イイ子”なアピールをしてしまいましょう。というか、好きな人の前でだけ“イイ子”だと、感じが悪いといいますか、周囲から“ぶりっこ”呼ばわりされてしまうので、普段から“イイ子”でいましょうね。

イイ子って何かというと、具体的には、“自分を犠牲にしてまで、人のためにがんばっている子”。

話している途中に、みんなから、“そんなの、●●さんがやる必要ないよー”と突っ込まれるくらいの自己犠牲がポイントです。

“でも、私がやらなきゃ”と、多少げんなりしながらいいましょう。男性は、他人のために疲れている女性に、手を差しのべたいと思いがちですから。

イイ子になることに、恥ずかしがらないことですね」

 

LINEをする

「好きな相手ができたら、しっかりとLINEを交換して、マメに連絡をするようにしましょう。ここも、“好きバレ”しないか、恥ずかしがっていてはできませんね。

でも、ただ“元気?”と送ったり、わざと用事をつくってはダメ。下手なアプローチは相手を困らせてしまいます。

なぜか「好き隠し」!? 恋愛オンチがやりがちなNGアプローチ4つ

“好き”と直接言わなくても、自分がいま本当に思っていること、たとえば、“今度、一緒に飲みたいね!”とか、“海辺をドライブしたいな”とか伝えたり、気になる相手ならば、“彼女できたら、どんなデートする?”と聞いてみたり。

LINEでする会話の内容も、ポイントは“恥ずかしがらない”ですよ」

 

好きな男性と両想いになれたら……。こんなうれしいことはないですよね。何回か楽しいデートを重ねたら、帰りに素敵な告白されちゃうかも。そのときまで、自分をキレイに磨くことも、忘れずにいたいですね。

  

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。