釣り合いの法則?彼にそれとなく「エッチの不満」を伝える方法3つ

過去に『Dangdep!』が調査を行ったところ、彼とのエッチに「満足している」と回答した女子は50人中たったの9人、たった18%の女性しか”彼とのエッチに満足していない”という結果になっていたんです。これって悲しいことですよね。そこで今回はエッチの不満を彼にそれとなく伝える方法を紹介したいと思います。

1:エッチの回数が少ない彼には「最近疲れてるの?」と訊ねる

エッチの不満要素の一つに、”彼とのエッチの回数が少ない”というものがありますよね。女性的には毎晩でもOKなのに、男性は週に何回とか、それくらいしか襲ってきてくれないとなれば不満も溜まります。

そんなときは彼にそれとなく「私は毎日でもいいんだよ」と伝える必要があります。しかし、ダイレクトにそんなこと言えませんよね。

そこでエッチの回数に不満がある女性は、彼に「最近疲れてるの?」と訊ね、まずは彼の体力の心配をしてあげましょう。

おそらく男性は「えっ? 何でそんなこと訊くの?」と言ってくるはずですから、そこで「だって、夜の営みが……」と恥ずかしそうに言い出せばよいのです。

 

2:エッチの時間が短い彼には「私ってエッチ下手?」と相談する

彼とのエッチ、その時間が短いとムラムラが残ったままになってしまい、不満が残りますよね。

そんなときには男性に「私ってエッチ下手?」と悩みを相談しましょう。男性は「そんなことないよ」と言ってくれるでしょう。その際に「だって、いつもすぐに終わっちゃうから……」と目を伏せるのです。

そうすることで、彼はあなたが自分とのエッチに不満を持っていることがわかり、しかも”すぐにエッチが終わってしまう”ことも理解します。

問題を共有できれば、あとは二人の努力でもっとエッチは楽しくなることでしょう。

 

3:もっと攻められたいときは、こっちも攻める

エッチの際に、彼があまり攻めてくれないことを不満に思っている女性も多いことでしょう。その問題を解決するポイントは”釣り合い”です。

男女がエッチをしている際は、何となくお互いが攻めている時間が同じになるようになっていることが多く、「気持ちよくしてもらったから、俺も気持ちよくしてあげよう」などと、男性は自分が攻められたぶんと同じだけ、女性を攻めようと思うものなのです。

つまり、彼にもっと攻めてほしいと感じている場合は、自分もそれだけ彼をたくさん攻める必要があるんですね。

男性をたくさん攻めた後、「もっとして」と囁けば、男性はあなたの気持ちをくみ取ってくれるはずです。

 

いかがでしたか?

エッチの不満はカップルにとって案外、重要な問題です。夜の生活に不満があれば、それは普段の二人の関係にも影を落とすでしょうし、最悪の場合、破局の原因にもなり得ます。

やはり、エッチの不満は放置せず、彼にさりげなく知らせたほうが良いということですね。

 

 

【参考】

「ぶっちゃけ…彼氏のエッチに満足してますか?」女子たちの回答 – Dangdep!