うざーい!ラブラブ生活を「猛烈に邪魔する姑」に変貌する彼ママ

もしも彼ママがダメな女性だったら、結婚後には苦労しそうですよね。夫は選ぶことができても結婚後の親族までは自由に選べないので、ゴールイン後に「こんなハズじゃぁ……!」と、嘆きたくなる親戚にブチ当たりやすいのも結婚のリアル。でも大丈夫! 結婚後にラブラブ生活を邪魔してくる彼ママかどうか、交際中に見抜くことができるんです!

ラブラブ結婚生活を猛烈に邪魔する危険な彼ママって!?

ラブラブな新生活を夢見て結婚したのに、彼ママ(姑)のせいで憂鬱な気分にさせられたら悲劇ですよね。

あなたの彼ママは良き姑になってくれそうなタイプでしょうか!?

今回は、市議時代から魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、結婚後にラブラブ生活を猛烈に邪魔する“危険な姑”に変貌する彼ママの兆候を3つご紹介しましょう。

 

1:自分大好きな発言が多い

結婚後の親族関係は、互いが配慮をしあうことで心地よい距離感がキープできるもの。どちらか一方が自分のことしか考えていなければ、相手にとってストレスフルな関係に至りがちです。

彼ママに“自分大好き”な発言が目立つならば、ひょっとすると“自分のことしか考えていない”系の性格であるリスクが高め。

息子夫婦の円満よりも“自分がどうしたいか”だけで行動をとるので、ラブラブ生活を邪魔してくる存在になりがちな兆候です。

 

2:自分の妹や弟、部下などの目下を見下している

彼ママに兄弟がいる場合に、妹や弟などの目下の人物に対してどんな価値観を抱いているのかをチェックすると本性が見抜けるヒントになります。

俗に言われる“立場が下”の人物に対する振る舞いは、結婚後の“嫁”への振る舞いそのものになる傾向が。

だからこそ、結婚前によーく観察して本性を見抜いておきたいところです。

“嫁は家に仕える存在”というカン違いをしている彼ママのいるところに嫁げば、夫婦の時間なんてお構いなしに自分の都合だけで邪魔してくる可能性もあります。考えただけでゾッとしますよね……。

 

立派に子育てした自負が強い

息子であるカレシが立派な人物であるほど「私は子育ての成功者」という認識でいる彼ママに出会う率も高めに。

そう、俗に言われる“高スペック男子”のママ達は「私がちゃんと育てたから、息子が立派になった!」という自負が強い傾向にあるんです。

結婚後に「息子は立派だけど、お嫁さんはイマイチね」という思考回路に陥りやすく、何かと嫁に口出ししラブラブ生活の邪魔をしてくることも!

立派に子育てしきったことは素晴らしいことですが、息子を認めすぎている彼ママは案外と厄介な姑に変貌を遂げがちです。

 

彼ママが姑になったとき、危険な存在に変貌を遂げたら泣けてきますよね。

せっかくのラブラブ結婚生活を邪魔されて泣きを見ないよう、長~い目で見れば危険な彼ママのいる家には嫁がない選択肢もアリなのかもしれません……。