カレシじゃない男でも…!「嫉妬されちゃう」プチ小悪魔テク3つ

カレシからあまりに嫉妬されると「うざいなー」と思いますが、カレシじゃない男子から嫉妬されると、「もしかして、私のこと好きなのかな?」とちょっと、ニヤけてしまいますよね。嫉妬は恋愛において、とても重要な飛び道具。うまく活用して、気になる男子から告白されちゃいましょう。カレシじゃない男子に嫉妬されるテクをご紹介。

あれ……? もしかして嫉妬してる?

相手のことが、どうしても気になる! そんな自分に気がついたとき、恋はスタートします。

「こんなに考えちゃうなんて、おかしいなぁ」と思わせるのに、一番手っ取り早いのは、嫉妬させることですよね。

カレシじゃない男子を嫉妬させ、心を揺れ動かし、自分のことを意識させるには、どうしたらいいのでしょうか? 元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに教えてもらいます。

 

上司を褒める

「よくも悪くも、男子にとって上司の存在は巨大なもの。尊敬しているか、軽蔑しているか、超嫌っているか。いずれにせよ、日々の感情に影響を与えられています。どんなダメ上司でも、目の上のタンコブであることには、変わりはないのです。

このような存在である上司を、“男として”褒め讃えることは、感情を揺さぶり、嫉妬を喚起します。

“すごいかっこいい! 頼れそう”

“仕事できる人のセリフだね、それは”

“あー! なんで結婚してるんだろう……?”

たいして知らないチラ見した程度の人であってもOK。まるで芸能人に憧れるファンかのように、振る舞ってみましょう。

彼の上司への“褒め言葉”は、ほぼ確実に男子を嫉妬させます」

 

友達と仲良くする

「彼の友達と仲良くすることでも、簡単に男子を嫉妬させられます。しかも、その仲良くした友達からも惚れられちゃうかもしれないので、まさに一石二鳥のモテモテテクですね。

どのくらい仲良くしたらいいかというと、例えば、何かを教えてもらって、“わー。頼りになるー! 今度また教えてください”などと、2人の関係が作れちゃうような“いちゃいちゃ感”を出すといいでしょう。

連絡先交換してしまえば、疎外感や嫉妬を感じさせることができますね。そのように心を揺るがしたら、もちろんフォローすることも忘れずに」

 

過去にした片想いの話をする

「誰かに極端に恋している話も、男子を嫉妬させるのに効果的です。別に好きでなくても、女子が誰かのことを、“すっごい好き!”という話をすると、男子はなぜか嫉妬するのです。自分がそこまで惚れられることは、なかなかないので、どんな男なんだ?と気になるのでしょう。

今現在の話にしてもいいですが、そうすると“好きな人がいるのか……”と引かれる恐れがあるので、過去にした片想いの話、しかもちょっと振り回されてる感じがいいでしょうね。

今現在の話にするのであれば、さらに“遊ばれてる・振り回されてる”感を出すといいでしょう。そういう女子を、男子はほっとけないものです。

“ちゃんとした人を好きになりたいなー……”などと、最後につぶやくといいですね。“俺じゃダメか?”が発動するかもしれませんよ」

 

カレシじゃない男子を嫉妬させちゃう方法をご紹介しました。カレシの嫉妬は度が過ぎるとウザいことこの上ないですが、カレシじゃない男子を惚れさせるには効果的。でも“嫉妬癖”がついちゃうと、その後、ウザカレシになっちゃうので、ほどほどに……。

 

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。