もうバレバレ!浮気しているオトコが「隠す情報の見破り方」3つ

浮気をしている男性は、それがバレないように、なるべく自然に振る舞おうとします。そして、ウソを並べ立て、真実を隠すのです。“浮気を見破るポイント”はそこにあります。カレシが“何を隠そうとしているか?”を、観察してください。そこから真相があぶり出されていくのです……。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急に“秘密主義”になった……!?

浮気をしている男性は、ウソを言うもの。

「今夜は誰と飲んでたの?」

と聞かれ、「A子とラブホに行ってた!」と答えることはできません。

そこでウソ情報を考えておかなければならないのですが、ウソには2つの弱点があります。

(1)本当のことと違い、覚えていられない(夢のようなもの)

(2)覚えていられないため、矛盾を生じやすい

これらを避けるために、できるだけ“ウソ”をつかなければならない情報部分を、浮気している男性は隠すようになるのです。

「コレを隠すようになったら怪しい!」という情報について、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんにお聞きしました。

 

1:仕事の話をしてくれない……

ナナミ「今まで、“仕事の相談”や、“同僚や取引先の愚痴”などをペラペラとしゃべるタイプだったのに、急に“まぁ、仕事のことだから……”と口が堅くなった。

このように仕事の詳細情報を隠すようになったとき、浮気の疑いは強くなります。

浮気をしているときは特に、遅くまで残業からの“飲み”が増えます。残業だけだと、お酒臭い言い訳ができませんからね。仕事の疲れを家で癒していたタイプだったのに、“飲み”で癒していると言うときも、注意が必要です」

もちろん、“飲み”ナシで残業だけで帰ってきても油断は禁物。最近の若い女子は、酒ナシで遊べる子も多いですからね。

 

2:謎の新しい友達が登場!

ナナミ「カレシと共通の友達が多い。こんなときは、カレシに新しくできた“友達”にも注意してみましょう。なぜか、その友達、情報が少なくありませんか?

いつもはすぐにFacebookなどでつながって、自分にも紹介して、仲良くやるのに。なぜかそういった場にはあらわれない。

そんな友達は、最初から存在しないのかもしれません。

人の口に戸はたてられませんから、“共通の知人”と遊んでいたというと、どこかでウソが露呈してしまう。そんなことを恐れて、空想の友達をつくりあげてしまうんですね」

新しくできた友達の情報が、あまりにも少ない……。そんなときも、浮気を疑ったほうがいいかもしれません。

 

3:私のことも、隠してる……!?

ナナミ「今までFacebookやInstagram、Twitterなどに、自分の彼女とのプライベート情報を自慢気に披露していたのに、急にアップしなくなった。これも“浮気”の疑いがありますよ。

SNSなどに、自分の彼女とのプライベート情報をアップしなくなったのは、今度は“浮気相手”にバレたくないから。

きっと、“もう全然仲良くない。会話もない。早く別れたい”くらい、言っているのでしょうね」

自分との情報も“隠す”……。こんな傾向が出ていたら、もうかなりの末期症状かもしれませんね。

浮気している男性が“なぜか隠す”情報について、ご紹介しました。いつもはペラペラとおしゃべりな外交的タイプほど、変化の違いがわかりやすそうですね。上記の兆候が出ていたら、気をつけて。

  

【取材協力】

※ 塚田牧夫・・・ライター。モテない中年。制作会社代表。家電、電子小物などガジェット系を専門に雑誌・ウェブで活躍する傍ら、遅すぎるモテ期を自らの手で到来させるべく、日夜モテる男子にモテ指南を受け、情報収集にいそしんでいる。著書に『モテ女子になれるLINE恋活』など。