こっちがOKでも…!「絶対に結婚してくれない男」の特徴4つ

結婚とは男女の合意によって成り立つもの。あなたがいくら結婚したいと思っていても、相手の男性が結婚を嫌がったらそこまでです。男性の中にはお付き合いはしてくれるけれども、結婚は絶対に応じてくれないというタイプもいるんです。そこで今回はそんな結婚に応じてくれない男の特徴について見ていきたいと思います。
©gettyimages

1:女に困らないほどのハイスペック

あなたのお相手が、高身長・高収入・イケメンという”3拍子”揃ったハイスペック男子ならば、もしかすると結婚は難しいかもしれません。

というのも、外見も良くて、収入もあり、将来性もあるとなれば、彼を口説こうと近づいてくる女の数はとても多くなってきます。そうなると男性は調子に乗ってしまいやすく、自分がモテることをいいことに結婚を焦らなくなってしまうのです。

お金もあれば遊びたくもなりますし、言い寄ってくる女性も多ければ、確かに結婚なんて考えませんよね。

 

2:仕事をバリバリこなしている

超大手企業に務めていたり、自分で会社をやっているような男性も結婚に後ろ向きだったりします。

激務で疲れ果てている男性は家庭という”安心”を求めて、早く結婚してくれるものですが、激務でも自分の仕事に誇りを持っていたり、バリバリと仕事をこなすことを楽しく思ったりしている男性は”今の仕事が楽しいから”という理由で結婚してくれません。

結婚して家庭を持つと、なかなか仕事一筋というわけにはいかなくなってしまうので、彼らは結婚を後ろ向きに考えているのです。

 

3:女好き

女好きの男性も”結婚したくない”と考えていることが少なくありません。もちろん結婚すれば、一人の女性と添い遂げなければいけなくなりますから、他の女性と遊びに行くなんてできなくなってしまいます。

女好きの男性からみると、そんな束縛が激しい結婚をするよりも、色々な女性とお付き合いしたりする方が楽しいと思えてしまうのです。

デートの最中も他の女に目移りしている男性は要注意だといえるでしょう。

 

4:既婚者のことを「負け組」と呼ぶ

確かに世の中には、既婚者のことを「負け組」と呼んだり、結婚のことを「人生の墓場」なんて呼んだりします。しかし、それは結婚に関する”笑い話”のようなもので、一種の冗談なのです。

それなのにそんな冗談を真に受けて、既婚者のことを「負け犬」呼ばわりする男性も世の中には存在しています。

彼らは”結婚=負け”という思考で頭が固まってしまっていて、心の底から結婚は最悪なものだと信じ切っているのです。

こんな男はもうどうしようもありません。黙って離れましょう。

 

結婚に後ろ向きな考え方をする男性は意外と多いもの。彼のことを信じてずっと付いていく前に、彼の結婚願望をチェックしておいた方が、後々後悔することが少なくなるのかもしれませんよ。

  

【参考】

スグ結婚したいのに…!彼が「絶対結婚しない男」であるサイン3つ