ねぇ痛い?簡単に試せる「ちょっと荒っぽいエッチ」を楽しむテク3

彼氏とのエッチを楽しむ事は二人の愛を深め、生活自体にもハリを与えてくれるもの。普通のエッチに慣れてきたら、時には激しいのも試してみたくなりますよね。でも、縛るのはまだ少し早いかも。そんな時は、もっと簡単にいつもより荒っぽい雰囲気を楽しむ方法があるのです。そこで今回は、少々荒っぽいエッチを楽しむテクニックを3つご紹介します。

テク1:耳たぶや肩を軽く噛む

痛みは時に性的な欲求を増強させるもの。初めから縛ったりムチで叩いたりするのは少々ハードルが高いですが、正常位で彼に抱きつきながら耳たぶや肩を噛むなどしてみると、一気にエッチの幅が広がります。

もし痛みが更に二人をエッチな気分にさせてくれるとわかったのなら、そこから先はもっとたくさんの方法でエッチを楽しむことが出来るようになります。

それこそ、上級者は髪を引っ張ったり、お尻を叩いたりする事を取り入れてセックスを楽しみます。まずは簡単なものから始めてみて下さいね。 

テク2:背中に爪を立てる

テク1にも共通しますが、こちらも痛みを取り入れる方法です。抱きついた状態で彼の背中に爪を立ててみて下さい。

「ねぇ、痛いの好き?」

などと優しく囁きながら彼が好きかどうかを確認し、好きなら強めにしてみるのもあり。

痛いのが苦手な男性もいるため、ここはコミュニケーションが大切です。

あなたからだけではなく、彼にも是非試してもらいましょう。これまでにない興奮と快感が得られるかもしれません。 

テク3:叫ぶ

「ぎゃーーー!」などと叫んでしまうのはとっても恐ろしいので、ここではセクシーに「気持ち良い~!」など彼を興奮させる言葉を叫びましょう。

突然叫びだすと彼を驚かせてしまいかねないので、いつもより少し大きめの声から始めてみましょう。それだけで彼の方は、「今日は感じてるな」と思って更にヒートアップしてくれそうです。

慣れてきたら、彼の方からちょっと乱暴な言葉で責めてもらうのもあり。いつも黙ってエッチをしていたなら、言葉を使うのは大変簡単で効果的にエッチを盛り上げてくれる要素になってくれることでしょう。 

どれもすぐにできそうですが、「突然やったら彼に驚かれそう」という場合は、お酒を飲んだ時にさりげなく試してみるのがお勧め。

ちょっと爪を立ててみて「痛い?」と聞いてみるなど、少しずつ彼を荒っぽいエッチにリードしましょう。

彼の方も、あなたに嫌われないようにと我慢していた欲求が爆発するかも。是非試してみてくださいね。