ヤダ…大興奮?男が「突然ハァハァ…しちゃう」お姉さんセリフ3つ

いくつになっても、男子は甘えん坊。たとえ普段は頼りになる人であっても、女子にたっぷり甘えたい瞬間はあるものです。でもプライドが邪魔して、なかなか正直になれない現実があります。そこであなたが“お姉さんキャラ”になってあげられれば、欲しいものが与えられた男子は、ハァハァ……と鼻息を荒くして、食いついてくるのです。

妹キャラでも使えるお姉さんセリフ!

男子が心から渇望する、“甘えられる女性”。そんな女性になるには、どうしたらいいでしょうか?

「私も甘えたい。妹キャラだから無理かも」

そんな風に思ってしまった人も、安心してください。普段は妹キャラならば、そのギャップにさらに萌えさせることも可能です。

本当に“お姉さんキャラ”になれなくてもいいのです。ただ男子がドキドキできるように、ポツンと“お姉さんセリフ”をつぶやいてあげましょう。元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに、すぐ使える“お姉さんセリフ”を3つ教えてもらいました。

 

1:「今夜は私に任せてね」

「男子にとって、デートは楽しみである反面、相手を喜ばせられるかどうかのストレスは常に感じているもの。

たっぷり甘えさせてあげるには、そんなストレスから一時、解放させてあげましょう。

そこで使えるセリフが、“今夜は私に任せてね”。お店から終着点まで、すべて私がリードしてあ・げ・る。そんな風にも聞こえるこのセリフは、男子の鼻息をハァハァ……と荒くさせる効果満点です。

しかも、甘えさせるように見えて、甘えられるのがこのセリフのもう一つのメリット。自分の好きなデートコース、自分の好きなお店に行けるのですから、楽しいですよね」

 

2:「いいところ、連れてってあげる」

「先ほどの“今夜は私に任せてね”と似ていますが、より具体的で効果的なのがこのセリフ、“いいところ、連れてってあげる”。

“いいところって、どんなところだろう……?”と、余計にドキドキワクワクすることができますよね。

小学生や中学生のころは、自然と使えた“相手の好奇心をくすぐるセリフ”。これを思い出して使えると、男心をくすぐれますよ。

当時は小さかったので、大人に憧れがあって、“お姉さんぶった”セリフを使いがちだったのかもしれませんね。大人になった今こそ、たっぷりと使いましょう」

 

3:「そこで待ってて。すぐ戻ってくるから!」

「デート中に使うと、なぜかとても効果的なのが、“そこで待ってて。すぐ戻って来るから!”というお姉さんセリフ。

セリフのあとに、相手の男子を置き去りにして、実際に10分ほど立ち去ってしまいましょう。“どこにいっちゃったんだろう……?”と、子供のようにおろおろ心配させる効果があります。

ちょっと心配させた後、やっと戻ってきたあなたを見た彼は、まるで迷子の子供のように、“わぁー! 帰ってきた!”と感動しますよ。この感動が恋にすごく効きます。

感動の数分後には、“どこでなにしてたんだろ? トイレかな?”なんて、大人の汚らしい心が疑念を湧き上がらせますので、“はい! これ買ってたよ!”と、アイスクリームでも渡しておくと、完璧ですね」

 

男子がハァハァ……と鼻息荒く興奮してしまう“お姉さんセリフ”を3つご紹介しました。本当のお姉さんにならなくても、お姉さんぶるだけで、とっても可愛いようです。次のデートで、試してみてはいかがでしょう。

 

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。