ハイさよなら〜!一発で「社内恋愛が破局を迎える」NG言動3つ

近ごろでは、社内恋愛がオープンになっている会社も少なくないですよね。けれど、順調だったはずのラブが一瞬でジ・エンドを迎えやすいのもリアル。今回は、市議時代から魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、一発で職場ラブが破局を迎えるNG言動を3つお伝えします。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「やっぱお前とはムリ」って思わせちゃダメ!

仕事中でも愛しのカレシの顔を見ることができるので、寂しがりやの女子にとっては社内恋愛ほど安心できるラブはないかもしれません。

けれども、せっかくの社内恋愛だったのに彼がいきなり「やっぱ、お前とはムリ」って言ってきたら泣けますよね?

いったい、どんな言動をしてしまうといけないのでしょうか……。

 

1:仕事に私情を持ち込む

仕事とプライベートは別物、とわかっているはず。でも恋する乙女になると職場に私情を持ち込んでしまうことがありがちです。

言い争いをした翌日には業務連絡すらも露骨に無視してみたり、反対にカレの出世を早めたくてわざと周囲に褒めまくってみたり……。

いずれにせよ、彼女が仕事に私情を持ち込んだ時点で「やっぱ、俺は社内恋愛はムリだわ」と思うマジメな男性は多いのです。

仕事とプライベートは、いかなるときにも切り離して考える心がけが、円満社内ラブをキープするコツです。

 

2:先輩や上司、同僚女子など職場の人に恋愛相談する

どんな恋愛でも、良いときもあれば苦しいときだってあるもの。女子としては彼のことをよく知っている人物に相談したくなってしまいますよね。

けれども、上司や先輩などカレも仕事で関わる人物に重~い恋愛相談をするのは危険。

男性は、仕事に恋愛を持ち込みたくない人が多く、良いことも悪いこともダダ漏れになってしまう恋愛だと、窮屈に感じ始めます。

「やっぱ俺、社外の子がイイや」なんて思われたら最後、あっさりとラブはジ・エンドです。

 

3:会社でキスしたがる

ラブラブ絶好調で彼のことを好きすぎる場合には、廊下の隅や階段の踊り場など会社内であっても「誰も見てないし!」とキスしたくなる女子もいるでしょう。

けれど、男性はこの行動を、さすがに公私混同だと見なすことが多く、また、出世欲があるほど、“せがまれた”とはいえキスしているシーンを誰かに見られてしまったら……!と、ビクビクするものです。

会社は仕事をする場ですから、どんなに彼のことを好きだとしてもスキンシップは会社を出てからが鉄則でしょう。

 

社内恋愛はいつも顔を見られるメリットはありますが、その分、気をつけて自制しなければならない場面がたくさんあるリスクも。

ラブゆえの行動であっさりジ・エンドを迎えないよう、行動には気をつけたいところです。