いつも割り勘orいつもゴチ?男が「ゴチを決意する」意外な基準

食事デートではいつもゴチってもらっていますか? 「割り勘のほうが気が楽!」という人もいますけれども、どうせデートに誘われるならゴチってもらったほうがお財布も痛みません。では、オトコが「今日はご馳走してあげよう」ってココロに決めるのは、何が基準だと思いますか? 『Dangdep!』が実施した調査結果をもとにご紹介します。

3位:どちらから誘ったとしてもすべて払う

500人の男性に「食事デートであなたが“今日はご馳走してあげよう”と決意する基準をすべて選んでください」と複数回答を尋ねてみると、20.8%が選び3位になっていたのは「女性との食事はどちらから誘ったとしてもすべて払う」でした。

男性の5人に1人は、異性と食事をする際には無条件に「ゴチる」と決めている実態が読み取れる結果です。

なんとも男性気を感じる意見であるとともに、今までゴチられた経験が少ない人は相手が悪かったのかもしれません。

女子から誘ったとしてもキチンとゴチってくれる男性って、頼もしいですよね。 

2位:顔がタイプ

続いて、同ランキングで2位になっている基準は21.2%が選んだ「顔がタイプ」でした。

デート中の振る舞いではなく、そもそもの“顔”を基準に「この子にはゴチる」って決めているだなんて、結果は勝負の前から決まっているようなもの。

ならば「そもそも“ゴチりたくない”程度の相手と食事デートする必要があるの……?」という素朴な疑問を抱いた人もいるのではないでしょうか?

「暇だから」「誘われたから」などの事情があるのかもしれませんけれど、なんとも男性の身勝手さが垣間見える基準でもありますよね。 

1位:会話が楽しい

そして、同ランキングでトップになっていた基準は31.8%が選択した「会話が楽しい」でした。

デートに臨む前にはご馳走するとも割り勘にするとも決めず、場面に応じてお財布の紐を緩めている男性が意外と多い結果に。楽しい会話があってこそ初めて「ゴチってあげよう」と決意している男性は、なんと3人に1人にも達します。

ということは、ゴチってほしいデートでは会話のキャッチボールに尽力するとイイかもしれませんね。 

いかがでしょうか?

当然ゴチだと思って出向いたデートで、サラッと割り勘にされるとモヤつきますよね。

“いつでもゴチられる女”になりたいかたは、ぜひ参考にしてみてくださいね!