ヤダ…大興奮?オトコが「その気になっちゃう」AV女優しぐさ4つ

男性はみんなAVが大好き。思春期のころから、AVと共に成長してきました。なので、その影響ははかりしれないものがあります! これを利用しない手はないっ。そこで今回は、職業柄、様々なAVの撮影現場に関わったことがある官能小説家の小川沙耶さんに、男性がビンビンに興奮するAV女優しぐさを教えていただきました。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:腰を入れる!

「グラビアでもAVでも、セクシーなポーズをとるときの基本なのですが、“腰を入れる”ことです。

お尻がくいっと、ちょっとだけもちあがる感覚で、腰を意識します。

同じポーズに見えても、腰が入っているのと入っていないのとでは、セクシーさ……というか、エロさは段違いです。

 

使いたいシーンは……?

意外と自宅ですかね。洗濯物を干すとき、冷蔵庫を開けるとき、“腰を入れながら”を意識してみてください。そういった日常にエロっぽさが醸し出されると、AVっぽいムードで、男性を興奮させられるでしょう」

 

2:寝っころがる!

「寝っころがった姿は、どんな体型の女性でも、3割増しくらいでセクシーに見えます。これもグラビアやAVでよく使われる手法です。

うつぶせならば、出てるお腹は隠せますし、仰向けならば、お肉が流れてほどよくすっきりに。

男性からすると上から見下ろす態勢となり、エッチのときの状態を連想できますからね。

使いたいシーンは……?

これはカレの部屋ですね。男性の部屋に入って、ごろんと寝っころがってしまう。あまりにも無防備。そこがセクシーです」

 

3:喰わえる!

「少し長い棒状のものは、喰わえる。これもAVや、ちょっと激しいグラビアでよく使われるしぐさです。

何を想起させるかは、ご想像にお任せしますが、パクッと喰わえても、ベロンと舌を使っても、とにかくセクシー……というかエロ。

喰わえているものを見ずに、相手の目をジッと見ながら喰わえるのがポイントですね。喰わえるものが何もなければ、もう自分の指でもOKです。もちろん、カレの指のほうが効果大ですが。

使いたいシーンは……?

あまりガチの食事シーンで使うと、はしたないです。棒アイスやソフトクリームなど、ちょっとしたおやつの時間がいいのではないでしょうか」

 

4:自分でチラリ!

「これもAVのパケ写真などでは王道で使うしぐさですが、自分でスカートをちょっとめくったり、胸元をはだけさせたりするしぐさ。

男性によって好みはありますが、切ない顔をしても、挑発的な顔をしても、思いっきり笑顔でも、“自分でチラリ”はどんな表情でも使えるオールマイティなしぐさです。

チラリしている部分を、確認するように一瞬自分で見つめると、さらに男性好みのエロさが増しますよ。

使いたいシーンは……?

これは場所は選ばないので、“ふたりきりになった瞬間”ですね。部屋でもいいし、他に誰もいなくなったオフィスでも官能的に挑発できますよ」

 

男性を「その気にさせる」AV女優しぐさを4つご紹介しました。AVのようなシチュエーションは、言わば男性の夢の結晶。ふたりきりのときに叶えてあげると、愛されまくっちゃうかもしれません。

  

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。