もてあそばれて…快感ッ!あなたの意外な「セフレベル」教えます

彼女にはなれない。ただエッチのためだけに存在する“セフレ”。なるべくそんな存在にはなりたくないと、多くの女性が思っているはず……ですが、実は「セフレってのも、アリかなー」と心の奥底では思っちゃっている人も、結構いるのかも? 潜在的に“セフレ”素質のある、“セフレベル”が高い女性の特徴を官能小説家の小川沙耶さんがご紹介。

セフレベル1:好きな芸能人なら……

「心の中の妄想で、大好きな芸能人のことを考えてみてください。その芸能人と、そういう関係になれるのであれば、“セフレ”って存在でもいいかなぁー!と思っちゃった人……。セフレの素質ありです。

しかるべき相手と出会ってしまわないよう気をつけなければならない、セフレベル1ですね」

 

セフレベル2:友人に?

「あなたの女友達に、“セフレ”をやっている人はいませんでしょうか……? 類は友を呼ぶとは言いませんが、身近にそのような存在がいることで、そういうのもありかなぁー!と思いやすくなる傾向が。

危うい男性関係ができそうなときは、決してその“セフレ”をやっている女友達に相談してはいけません。周囲から援護射撃も加わりそうな予感もあるセフレベル2ですね」

 

セフレベル3:付き合う前に確かめたい!

「付き合ってからエッチの相性が悪かったら、最悪。付き合う前にしっかりと確かめたい! こんな風に思っている女性は、もう片足をセフレ道につっこんでいるようなもの。

“付き合う”ことの重点を、カラダにおいているのだから、それもそのはず。

付き合う前に確かめたつもりが、永遠に確かめ続けるはめになってしまうパターンは大いに考えられます。たまたまセフレになっていないだけ、のセフレベル3ですね」

 

 

セフレベル4:浮気ならば許せる

「もし付き合っている男性が、浮気をしてしまったとしても、本気にならなければ許せる。一度しかない人生だし、そして長い人生だもの……そーいうこともあるわよね。

そんな風に考えられる女性は、もはや騙されているだけで、実は相手からしてみればセフレだという可能性もあるセフレベル4。

相手を許せるということは、もちろん自分も許せるということ。彼氏がいるときでさえ、魅力的な男性に誘われたら、軽快にセフレになれる素質アリ」

 

セフレベル5:男性に求められると嬉しい

「たとえどんな形であろうと、誘われると嬉しい。男性に求められていると感じられると、涙を流して喜ぶことができる……。

こんな承認欲求が強すぎな女性は、もはや誰にも止められないセフレベル5。

“セフレになってくれ!”、“エッチさせてー”、“抱かせろよッ”。どんな形であれ、どんな言葉であれ、自分が求められていると感じられるのならば、嬉しいに決まっている。

彼女にはしたくないけど、エッチだけさせてほしい。男性のそんな歪んだ欲望を叶えてあげられる私って、まさにドリームガールねッ!と自己実現。

アイデンティティーが“セフレであること”なんだから、もうその道を極めるしか、生きる術はありません」

 

セフレベル1〜5までの特徴をご紹介しました。あなたは当てはまったでしょうか? もし自分は当てはまらなくても、まわりに危なそうな友人がいたら、一気にセフレベル2にさせられてしまう可能性がありますので、そっとフェードアウトしたほうがいいかもしれませんね。

 

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。