「ついに彼女ができた元ウブ男子」が言いがち!手の平返しセリフ3つ

ようやく彼女ができたウブな男子が、手の平を返したように“オラオラ発言”をしだすのは、中・高生ではよくある話。ですが、オトナになってからも、そういう男子はいるようで……。『女性社員から「きもい」と言われない働き方』の著者である小川沙耶さんが、ついに彼女ができた男子が言いがちな手の平返しセリフをご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:俺もそろそろ安定しないとな……

「まるで、いままで彼女がいなかったのは自分が“遊び人”だったからのように聞こえるこのセリフ、“俺もそろそろ安定しないとな……”。

ようやく浮ついた話が一つだけでてきて、まわりもホッとしているところの、“そろそろ安定しないと”発言。

“いままで真面目一直線だったくせに……”と、思っていても決して言えないくらい、まわりは“あいつに彼女ができて、本当によかった!”の見守りムード。

そっとしておいてあげないと、悪者になってしまうのはこちらのほうなのです。同類のセリフに、“落ち着かないとな……”もあります。お気をつけて」 

2:セックスの話

「いままで、会話に入れないから“女子の前で、そーいう下品な話やめろよっ”と避けに避けてきた“セックスの話”。

ようやく仲間に入ることができた彼は、率先して、しかも唐突に、“最近セックスしてる?”などと切り出すようになります。まさしく手の平返しですね。

みんなはもうとっくに経験して、話しつくして、むしろ飽き飽きしているような内容でも、自分にとっては新鮮。キラキラとした瞳で、エッチな話をしようとする彼を、生温かい目で見守りつつも、遮ることなど、とてもできません。

自分がそうであったからなのか、なぜかまわりを“未経験者”のようにあつかい、“教えてあげる”ポジションから上から目線で語り出すのも、こういった男子の特徴ですね」 

3:金がかかって大変な話

「“女って金がかかっちゃって大変だよなー”的な話をするのも、元ウブな手の平返し男子の特徴ですね。

なにしろ、いままで経験がないですから、ちょっとしたデートにも、ちょっとしたお金がかかってしまうことにビックリなわけです。

いままでは、なんで他のみんなはちゃんと働いているのに、お金がなくてピーピー言っているのか、ようやく理解できた瞬間ですね。

普通に経験のある男子ならば、女子と遊ぶというアクティビティにどれくらいお金がかかるか、最初からわかっているので、“女って金がかかる”という感想はもちません。

なので、このセリフが飛び出したならば、“ああ、この人は元ウブなんだなー”と思ってもいいかもしれませんよ。経験がある男子ならば、“女”とひとくくりにせず、“今度の彼女、金がかかるタイプなんだよなー”的な言い方をするでしょうからね」 

“ついに彼女ができた男子”が言いがちなセリフを3つ教えていただきました。彼らの青春時代は、まだまだこれから。たとえアラフォーであろうとも、恋愛経験値は小学生と同じくらいのなのですから、ママになったつもりで、話を聞いてあげてくださいね。

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。著作に『女性社員から「きもい」と言われない働き方』ほか、多数。