カン違いしすぎ!浮気症なオトコは「繰り返す」納得の理由3つ

「浮気をするオトコは繰り返す」と聞きますよね。そうなると、もはや浮気はビョーキでもあります。では、なぜ浮気症なオトコは治らないのでしょうか!? 様々な人間模様を見てきた元市議の筆者がその理由を3つご紹介しましょう。

理由1:「自分だけは特別」という思いが強いから

浮気を繰り返すオトコの多くに共通するのが、浮気に対する罪悪感の低さ。「浮気? そりゃダメなことだよね。でも、俺の場合は仕方ないじゃん」といった言い訳をよく耳にします。コレって罪悪感が低すぎる言い訳ですよね。

“浮気はダメなこと”とはわかりつつ、どこかで自分だけは特別だと思っているフシも見受けられるケースも多め。

筆者は、「彼女や妻とうまくいっていないから仕方ない」「満たされていないからしょうがない」など“自分は仕方がなかったんだ”という理由づけをし、自分だけは特別に許されるとカン違いしているオトコもよく目にしてきました。

なんの正当化にもなっていませんし、妻や本命彼女にとってはたまったものではありませんよね。 

理由2:パートナーより自分が最優先だから

浮気を繰り返すオトコの多くは、自己中心的な本質をもっているケースもありがち。一見すると彼女や妻など本命を大事にしているようでも、実は自分がイチバン大事なんです。

浮気の罪悪感もあって、表面上は妻や本命彼女に優しいそぶりをしているパターンもありますが、実は自らの欲望を最優先にする“自分大好き人間”なんですよね。会話をしていると、「あ、この人は自分がイチバン大事なんだな」とわかる面もあります。

パートナーよりも自分のことが大事すぎて、浮気されている人のココロの傷に寄り添えないから繰り返すのです。だから、浮気癖はなかなか治らないのかもしれませんね。 

理由3:優しさをカン違いしているから

浮気症なオトコの多くは、女性に優しい傾向にありモテるのも真実のひとつ。そして、「俺のこと好きになってくれた子に、悪いことできないよなぁ」と優しさをカン違いし、浮気街道にどっぷりハマっていることもあるんです。

浮気は二人の女性を同時に傷つける行為なのに、「優しいから断らないの。俺」なんて言い訳しつつ、浮気をやめられないタイプですね。

“女性への優しさ”とはなんなのかを正しく理解すれば、おのずと浮気癖は治るはずですなのですが……! 違う方向に意識が向いてしまうのでしょうか。 

浮気を繰り返すオトコの多くは、しょせん自分のことしか考えていませんよね。

「いつか治ってくれるはず!」なんて期待をして待ち続けるのは女性にとって不幸。浮気症な性分がいつまでもなかなか変わらない理由には、こんな背景があるかもしれません。

あなたの周囲にいる浮気症なオトコたちは、いかがでしょうか!? カレシが浮気症なオトコだと、悩まされている女性も少なくないですよね。