共有できていないと破局!? 意外だけど「離婚率が高まる癖」3つ

世の中には色んな癖を持った人がいます。もちろん自分自身も様々な癖を持っているわけですが……実はその中に“離婚率が高まる癖”というのがあるのをご存知ですか?  “癖”は指摘されても直しにくいもの……でもそんな“離婚率が高まる癖”は、一刻も早く気付いて直したいですよね。一体どんな“癖”なのかチェックしていきましょう! 

1:納得の「無駄遣い癖」

やはり……というべきか、男性側から不人気、そして女性の多くが当てはまりやすい“浪費癖”は、問答無用で離婚率を高めてしまう悪癖の一つです。

女性は男性に比べ、服や化粧品、ケア用品などにお金がかかるもの。そこは仕方のないことですので、理解せずに責めてくる男性にも問題はあります。

しかし、あからさまな「ストレス解消のために買っちゃった!」といったノリで購入したモノは、しっかり彼もチェックしています。

机や鏡の前に散乱する使いかけの化粧品やケア用品。部屋の至るところに置かれた便利グッズや健康器具。クローゼットやタンスを圧迫する服やバッグの数々。

これは誰がどう見ても無駄遣いですよね?

日々の疲れを浪費で癒やす気持ちもわかりますが、やはり男性はお金と将来をセットで考えます。

お金を大切にしない=将来を大事にしないといった印象を持ってしまうので、「彼女と一緒にやっていくと将来がヤバイ」と考え離婚に至ってしまうわけです。

他のストレス解消法を見つけるか、せめて月に浪費で使って良い金額を決めるなどして、上手くその悪癖を回避できるようにしていきましょう。 

2:現代病「スマホいじり癖」

一緒に生活していて大切なのは、会話をしっかりとすることです。

会話をする習慣のあるカップルは、何かトラブルが起きてもお互いに向き合って話し合うことができます。

だからこそ最近問題になっているのが、“スマホいじり癖”です。

友達との食事中でも、合コンのトーク中でも、おかまいなしにスマホをいじっている女性をチラホラ見かけます。

確かに今はTwitterやInstagram、LINEなどが数秒ごとに更新されるような世の中。目を離している隙なんて無いですよね?

でも、だからといって、自分の前にいる人から目を離し続けてしまうということがどういうことか……改めてよく考えてみてください。

それに、スマホをいじりながら話をしていると、彼だけでなく友人も、「この人は話をちゃんと聞いてくれないんだな」と判断し、次第に真剣な話をしてくれなくなってしまいます。

SNSにはSNSの付き合いがあると思います……しかし、リアルの繋がりを疎かにしていくことの方が、ずっとデメリットが大きいです。

“スマホいじり癖”は本当に無意識でやってしまっている人が多いので、一度、彼や友達との食事中、デーブルの上にスマホを置かないとかスマホをいじらないようにして、自分がいかに普段からスマホばかり気にしているのか自覚してみると良いですよ。 

3:意外とやってしまう「ワンマン予定癖」

「旦那がいつ帰ってくるか教えてくれないから夕飯の支度ができない!」

「前日に出張だなんて言ってきて……言われる方の身にもなってよ!」

こんな、奥様あるある話、聞いたことありませんか?

確かに仕事が忙しすぎたり急な予定が入ったりした男性は、ついつい奥さんに予定を共有するのを忘れてしまいがち。

……ですが。

実はこの“ワンマン予定癖”、男性側からも評判が悪いんです!

というのも、男性は男性で彼女をエスコートしようと、実は色々と考えてくれています。

それなのに「明日やっぱ無理だわ」「今からそっち行くねー」などといった“ワンマン予定癖”をしてくる女性は、ハッキリ言って迷惑この上ないわけです。

社会人の基礎と言われている「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」は、こういった恋人間でもしっかり使っていかなければなりません。 

“癖”っていうのはなかなか自分で気付きにくいもの。

だからこそ今回の記事を読んで「まさか……私も?」と意識しておかないと、離婚率が下がらないままですので気を付けてくださいね!

 

【参考】

夫のイライラMAX!結婚生活がピンチな「●●ができない女」3つ – Dangdep!

ゴールデンウィークは要注意!夫がイライラしている妻の悪癖3つ – Dangdep!