「こんな子と付き合えたらなぁ…」と実は思われているサイン3つ

自分は男子にとって、どれくらいの位置にいるのか知っていますか? 実は「こんな子と付き合えたらなぁ……」なんて、高嶺の花になっているかもしれません。『女性社員から「きもい」と言われない働き方』の著者、小川沙耶さんに、男子が「付き合いたいけど、俺なんかじゃムリだろうなー」となっているサインを教えていただきます。

早く気づいてあげてーっ!

ー男子は「こんな子と付き合えたら……」なんて、結構思うものなんですかね?

沙耶「女子が思っているよりも、意外と恋愛に関して自信がないですよね」

ーじゃあ、本当は両想いなのにぃ!……なんてことも?

沙耶「実際、そういう自信のない男子だと、ちょっと話して女子のほうが嫌になっちゃうことが多いですけど」

ー本当に高嶺の花になっちゃうんですねぇ。

沙耶「でも早くに気づいてあげられたら、彼も自信がつくかもしれません」

ーそれはなぜですか?

沙耶「だって、“そんなに俺のことを見ているのか”と思うでしょう? “同じ気持ちかも!”って思えるはず」

 

サイン1:なんか、おとなしい

ー付き合いたいけど、俺じゃムリかも……ってときに男子が見せるサインは?

沙耶「おとなしくなりますね。自分のことを、あまり話せなくなります」

ーそれはなぜなのでしょう?

沙耶「相手の女子のほうが上だと思っているので、自分のしていることや考えなどをアピールできないのです。“ダメなやつだな”と思わらないための、必死の防御ですね」

ーなんかおとなしい人が、みんな相手の女子を“高嶺の花”と思っているわけではないでしょう?

沙耶「ただ苦手なだけとか、むしろ嫌いなときもありますよね」

ーそこはどう区別するのですか?

沙耶「質問して、話させてみて、自信がありそうだったり、生意気だったりする場合は、“高嶺の花”だとは思っていないのでしょう」

 

サイン2:誘えない・声をかけられない

ー他にはどんなサインがありますか?

沙耶「誘えない・声をかけられない……ですかね」

ーそりゃそうでしょうけど。これも嫌いだから“誘わない・声をかけない”という可能性があるのでは?

沙耶「それを見分けるには、こちらから誘ってみるとすぐにわかります。声をかけたとき、ものすごく嬉しそうだったら、“高嶺の花”と思われている可能性がありますよ」

ー確かに嫌いだったり苦手だったりしたら、声をかけられたらイマイチな反応しそうですね。

 

サイン3:遠くから見る

ー他にもサインはありますか?

沙耶「遠くから見る……ですかね。なかなか近寄れないんですけど、遠くから視線に入ると、チラチラチラチラ見てしまいますよ」

ー高嶺の花は遠くから見るから美しい……ですか?

沙耶「本当は近づいて、話したいんでしょうけどね。自分ではちょっとムリだと思っているので、できないんです」

ー遠くから見ていることに、気がつく方法はありますか?

沙耶「こちらも意識して見ていないと難しいですよね。そうするとアイコンタクトするので、お互いに気づきます。最初に言いましたが、気づいてあげられると、相手は入ってきやすいんですよね。“向こうも気があるのでは?”と思うから」

ーアイコンタクトが、恋愛テクニックとして使われるのは、そういう意味もあるかもですね!

沙耶「そうそう。目が大きい子がモテるのも、もしかしたら大きいから、相手が勝手に勘違いするのかもしれない。あっ、目が合った!って……」

 

「こんな子と付き合えたらなぁ……」と実は思われているサインをご紹介しました。気づいてあげられることで、関係を近づけることができるようですね。ぜひ意識してみてください。

 

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。著作に『』ほか、多数。