意外とやってない!幸せすぎる「ラブラブなエッチ」のやり方3つ

みなさんはカレシとどんなエッチをしていますか? エッチに積極的なカップルでも、いや、エッチに積極的なカップルほど、意外とできていないのが「ラブラブなエッチ」。今回は、官能小説家の小川沙耶さんに、本当は一番気持ちがいいラブラブなエッチのやり方を教えていただきました。

ラブラブ1:「愛してる」と言いまくる

沙耶「本当に意外とできていないのが、エッチの最中に、相手にいっぱい“愛してる”と言いまくることです。これはエッチな動画の悪影響かもしれません。

エッチ動画の悪影響とは?

だって、人のエッチを見ているときに、その人たちが“愛してる”って言い合いまくっていたって、面白くもなんともないでしょう? それをモデルにしてしまい、自分の性癖を勘違いしてしまうと、自分たちが主役のエッチのときに、あまり“愛してる”と言えなくなってしまうのですね。

何回も、いろいろなパーツに愛してるを!

でも、自分が好きな人とエッチしているときの、“愛してる”という言葉は偉大です! 一回ではなく、何回も使ってください。どんどん興奮することができます。

もっといいのが、相手のいろいろな場所を愛してあげることです。“このおでこ、愛してる”、“この目、愛しい”、“この鼻も愛してる”と、上から順にどんどん愛の言葉をかけてあげましょう。

愛に包まれるめくるめく快感にびっくりしてしまうはずですよ」 

ラブラブ2:キスしまくる

沙耶「次に、これもおろそかになりがちなのが、“キス”ですね。最初の数回のエッチでは、熱くキスを交わしながらエッチをしていたかもしれませんが、慣れてくると、一度もしないなんてことすらあります。

しかし! 唇は舌など、口はとても敏感な性感帯なのです。触っても気持ちいい、触られても気持ちいい。お互いに、その箇所を交わらせるキスを、おろそかにしていいはずがありません。

とろけるような多幸感と快感に包まれる!

エッチの最中に、愛の言葉をかけあいながら、何度も何度もキスしてください。しっかりと相手を見つめましょう。とろけるような多幸感と快感に包まれるはずですよ」 

ラブラブ3:強く抱きしめる

沙耶「快感を増すテクニックとして、ぜひカレシにも覚えてもらってほしいものがあります。それは、“強く抱きしめる”ということです。

ギューっと締められたり、押されたりする感覚は、いろいろな刺激のなかでも、もっとも強く知覚されるもののひとつなのです。

エッチの快感のなかで、一番強い力を相手に伝えることができ、場所を選べば、まったく危険はありません。

かなり強い快感が感じられるはずです

快感が増してきたとき、腰や肩をもって、グッ!グッ!と強く締めてもらうか、押し込んでもらいましょう。かなりの強い快感が感じられるはずです。

首や胸などは危険なので、本当に気をつけてくださいね。最初は、お互いに抱きしめる感じで、ギュッとすることをエッチ中にしてみると、やりやすいしわかりやすいでしょう。ぜひやってみてください」 

意外とみんなできていない「ラブラブなエッチ」のやり方を教えていただきました。なんだか本当に気持ちよさそうでしたね。相手がいない〜という人は、一刻も早くラブラブな相手を見つけてくださいっ!

  

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。著作に『』ほか、多数。