え…なにコレ?なんか違うと思った「ハロウィンお家デート」3つ

ハロウィンだからといって、外に出てみんなで騒ぐばかりではありません。お家でまったりハロウィンデートをするカップルもいるでしょう。『Dangdep!』で男女60人に行った「ハロウィンの意識調査」から、でもなんか違う……と思った「お家デート」エピソードをご紹介。元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに解説をいただきます。

1:かぼちゃの煮物が出てきた

「ハロウィンだよー!と言って、かぼちゃの煮物が出てきた。なんかすごい和風だと思った」(24歳/北区/男性)

ーその他はなにもハロウィンっぽいことはなかったのですか?

「ないです。かぼちゃの煮物が出てきただけです。かぼちゃの煮物を食べて、『真田丸』を観てました」

ハロウィンということで、かぼちゃの煮物を食べたという男性のお話です。あまりハロウィンっぽくないですね、ナナミさん?

煮物にしないで、飾ってほしかったですね

ナナミ「そうですね。そのかぼちゃ、煮物にしないで、むしろ飾ってほしいですよね。

最近ではハロウィン用に、コウモリとか、それっぽい形をしたパスタなども売っているので、そういうのだったら、もう少しハロウィンっぽい気がしますが」 

2:『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を観させられた

「“ハロウィンはやっぱコレだよね!”と言って、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を観させられました。あれって、ハロウィンというか、むしろクリスマス映画ですよね?」(21歳/足立区/女性)

ーハロウィンの国の王子が、クリスマスの国に行って影響させる話でしたっけ? 若干、クリスマスよりだけど、ハロウィン映画でもいいのでは?

「えー。あれはクリスマス映画ですよ! だって舞台がクリスマスじゃないですか? カレシとも軽くケンカになりました」

ハロウィンに『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を観させられ、なんか違うと思った女性の話です。いかがでしょう、ナナミさん?

私もクリスマス映画だと思いますよ!

ナナミ「確か制作のティム・バートン自身が“あれはクリスマス映画だ”と言ったんじゃなかったでしたっけ? あれ? “ハロウィン映画だ”だったかなぁ?」

ーはっきりしてくださいよ(笑)。

ナナミ「でも、どちらかというとクリスマスっぽいですよね! 私もアレはクリスマスに観たいです。この女性の気持ち、よくわかりますよー」 

3:セーラー服を着させられたあげく……

「“ハロウィンだからこれ着てよ”と、出てきたのがセーラー服。しかも結構、本物っぽいヤツで、ハロウィンというより、ただのコスプレ」(25歳/埼玉県川口市/女性)

ーずっとそういうプレイがしたかったのかもしれませんね。着てあげたら興奮していましたか?

「“やっぱ25でセーラー服はキツいなー!”とのたまい、“まぁ、ハロウィンっぽいからいいか!?”と言われ、さすがに怒りました」

年甲斐もなくセーラー服を着させられたあげく、怪物あつかいされてしまったという女性の話です。いかがでしょう、ナナミさん?

ちょっぴり「いけるかも……」と思ったのでは?

ナナミ「これはカレシのほうが、“なんか違う”と思った話ですか?」

ー両方じゃないですかね?

ナナミ「着させといて文句を言われたら、そりゃ女性のほうも怒ると思いますが、わかりきった結果なんだから、着なきゃいいのに……とも思いますよ。ほんのり“いけるかも……”と思ってしまったのではないでしょうか?」 

「なんか違う……」となってしまったハロウィンお家デートのエピソードを3つご紹介しました。でも、なにもしないよりかは、やはり思い出に残ってよさそうですよね。みなさんも今夜のメニューは、かぼちゃの煮物にしてみてはいかがしょう!

  

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。