キャー…かわいい!好きが隠しきれてない「惚れてます」LINE4つ

「あれっ……この人、私のこと好きなのかも!」と気がつくと、ひとつひとつの言動がかわいくみえちゃいますよね。男子は特に、必死に隠そうとしても「好き」の気持ちがバレバレで、とてもキュート。『モテ女子になれるLINE恋活』の著者、塚田牧夫さんに、そんな男子の隠しきれない「好きがバレバレ」LINEを紹介してもらいます。

1:明らかに、がんばってつくった用事

ー塚田さん、男子の隠しきれない“好きバレ”なLINEには、どんなものがありますか?

塚田「用事がないのに、用事をつくって連絡してくる。“明らかに、がんばってつくった用事”というパターンがありますね」

ー例えば、どんな感じでしょう?

塚田「“忘年会の参加、そっちのチームは3人だよね?”など、過去のメールや資料などを確認すればいいことを、確認してくるパターンがありますね」

ー仕事ができないと思われるリスクは考えないのですかね?

ちょっとしたチャンスを逃さないのも「好き」の証拠

塚田「それだけ、なんでもいいから話したいのでしょうね。がんばってつくらなくても、ちょっとしたチャンスに喜々として送ってくるパターンもあります。

“半蔵門線、遅延しているから気をつけて”とか。女子のほうは、“お、おう……”という感想を抱くことが多いですよ」 

2:他の人にも聞ける用事

ー他には、どんなLINEに“隠しきれない好き”の気持ちがあらわれますか?

塚田「他の人にも聞ける質問を、わざわざ聞いてくるパターンですね」

ー例えば、どんな感じでしょう?

塚田「“忘年会って、渋谷でしたっけ?”」

ーこれも、メールみろよとか、他に聞く友達いないのかよ……とか。マイナスなイメージもつきそうですが。

他に友達いないのかよ……と思っちゃったら?

塚田「そこが“かわいい”ポイントなんですけどね。“なんで私に聞くの?”と考えたとき、“かわいい”と思えたら、恋は進展しますよ」

ーどうでもいい相手だと、イラつきそうですね?

塚田「自分の気持ちをチェックするのにも、いいポイントかもしれませんね」 

3:写真を欲しがる

塚田「写真を欲しがってくる……というのも、明らかに“好き”のあらわれですよ。好きでもない人の写真など、みたがらないですからね」

ー写真送って……なんてLINEで言ってきますか?

塚田「女子会とか、忘年会とか、イベントあったときが多いですね。みんなの写真を欲しがるふりして、実は彼女の写真が欲しいだけなんですね」

写真をいじってくるときは、完全に脈アリ!

ーみんなで撮った写真を欲しがってくるときは、脈アリとみていいですか? 写っているメンバーのなかに、他に好きな人がいるとか?

塚田「それはあまりないと思いますが、写真をみて、“センターにいるじゃん笑”などのように、いじってきたら完全に脈アリでしょうね」 

4:過剰な気遣い

塚田「帰りの時間が遅くなった、体調が悪い、仕事で失敗して落ち込んだ……など彼女のマイナスな出来事は、すべて彼のチャンスになります。

“大丈夫?”、“ムリするな”など、まるでカレシのよう、いやカレシ以上に過剰な気遣いをしてくることがありますよ。

もちろん、やさしい人なわけではなく、“好き”という気持ちのあらわれですね」

ー彼女の嫌な出来事を、むしろ喜んでいる?

塚田「そうなっちゃいますよね。ニヤリとしてますよ。本当は心配の感情よりも、“よっしゃ、いいとこ見せられる!”と喜んでいるわけです」

あとから「かわいい」と思えますよ

ーそんな人、イヤですよね? 女子は。

塚田「自分がツライときに、相手の好きって感情に構ってられませんからね」

ーぜんぜんかわいいと思えないじゃないですか!

塚田「いやいや。たとえ下心があっても、ツライときにやさしくされるのはうれしいものですし、回復してから、そのときのことを思い出して、気持ちに気がつくと、“かわいい”と思えるものですよ」 

「好き」の気持ちが隠しきれない男子のLINEを4つご紹介しました。悪いようにとらえると、“なんかダメな男子”のLINEでしたね。でも、これが男子という生き物。こういう部分を「かわいい」と思えるようになれると、相思相愛、男子からすごく好かれるようになりますよ。

  

【取材協力】

※ 塚田牧夫・・・ライター。モテない中年。制作会社代表。家電、電子小物などガジェット系を専門に雑誌・ウェブで活躍する傍ら、遅すぎるモテ期を自らの手で到来させるべく、日夜モテる男子にモテ指南を受け、情報収集にいそしんでいる。著書に『』など。