なにしてんのっ!? 「初デートで●●された」仰天のヤバ行為3つ

初デートのときって、ドキドキですよね。まずは相手のことを知って、どこまで仲良くなれるかな?と、期待と緊張で前日も当日も大変なことになります。ところが、相手の男性が初デートから暴走してきたら……。今回は女性たちに聞いた初デートの「恐ろしい体験談」をご紹介します。

1:恋人つなぎ

「初デートでも、いい感じの相手だったら、手くらいはつないでもいいと思うんです。でも、そういうムードにもなっていないのに、出会ってすぐに、“じゃ、行こうか!”と恋人つなぎされたときは、本気でドン引きしました。

手をふりほどくこともできないし、おとなしくしていたら、調子にのりだして、“このまま、いいとこ行っちゃおうか?”と、言い出したので、お腹が痛くなったフリをしました、

そしたら、“休めるところに行こう!”だって……。

いきなり、そういうことしか考えていない人は本当にムリなので、早急に帰ったけど、楽しみにしていたので、とても悲しい気持ちになりました」(22歳/文京区)

“恋人つなぎ”は、なかなか逃げられない……!

いきなりの恋人つなぎから、強引な誘いをうけたというエピソード。

恋人つなぎって、大好きな人と指がからまりあって素敵だけど、“なかなか逃げられない”というデメリットもあります。

リードしてくれる男性は、ナシではないけれども、こちらの気持ちを考えない、優しさのない強引さは、お断りですよね。 

2:遅刻

「初デートから、遅刻された! それなら帰るからいいんだけど、遅刻の仕方が悪どかった。待ち合わせの時間ちょっと前に、LINEでは“ごめん! ちょっと遅れる!”とか、“もう着く!”とか、頻繁に連絡してくるの。

結局、何度も言い訳されて、1時間近く待たされた!

しかも最後は、“あと10分くらい! 本当ごめん!”と送ってきてから5分後くらいについて、“5分早く着けたね!”だって!

調子がよくて、他のこともいろいろといい加減そうなので、2回目のデートはありませんでした」(24歳/荒川区)

がんばって用意したのに……

初デートから1時間の遅刻……。よほどの事情がないかぎり、ちょっとこちらのことを大切に考えているとは思えなくなってしまいますよね。

普段遅れがちな女性でも、一生懸命がんばって早めに用意して、遅れても10分くらいに努力するもの。

がんばった自分のことを考えると、待たされている時間がすごく悲しくなるし、初デートからそんな思いをさせるような男性は、避けたほうが無難かもしれません。 

3:キス

「初デートでキスを必ずするというのが、その人の信念だったみたいなんだけど、私は絶対にイヤ。そういう話をちゃんとしていたのに、話をしている途中で、隙をついて強引にキスしてきた。

“なにすんのっ!”と言って、引っぱたいてやりました。でも、叩かれた後のニヤッとした、したり顔が、心底気持ち悪かったです」(23歳/世田谷区)

訴えてもいいような反則行為です!

初デートではキスくらいしたい……という話は確かにありますが、相手がイヤがっているのにするのはナシですよね。

そういうムードになってもいないので、隙をついてキスするなんて、恋愛マナーに反するばかりか、訴えてもいいような反則行為。

初デートでこれでは、付き合ってもいろいろなマナー違反をしそうです。 

初デートでされてしまった、ありえない行為を3つご紹介しました。相手のことを知るための初デート。まだよくわからない相手ですから、こうしたいろいろなことがあるかもしれません。お気をつけくださいね。