一発逆転…!美人じゃないからこそ使える「モテまくりセリフ」4つ

恋愛において、美人は得です。男性からモテるし、デートのお誘いも多いに違いありません。しかし、この世の中には、そんな美人が”絶対に使えないモテセリフ”というものが存在しています。上手く使えば、美人を出し抜いて、男心を揺さぶれるかもしれないモテセリフ、それはどのようなものなのでしょうか?

1:「美人に生まれたかったな……」

「もっと美人に生まれたかったな」

本当の美人が言うと、ただの嫌味にしか聞こえませんが、美人じゃない子が口にすると、「そんなことないよ」と優しくフォローしてあげたくなるセリフです。

人間はたとえお世辞であったとしても、口に出した言葉は自分の意識に少なからず影響を及ぼします。

つまり男性にお世辞でもいいので「君も可愛いよ」と言わせ続けることができれば、彼に「あれ、もしかして本当に可愛いかも」と思わせることが可能だったりするんです。 

2:「〇〇くんってカッコいいね」

「〇〇くんみたいなカッコいい男の人とデートできて嬉しい」

男性はおだてられると非常に喜ぶ生き物です。しかし、男性は美人から過剰に褒められると「なんだか裏がありそうだ」と警戒してしまい、その言葉を素直に受け取れません。

絶世の美女から「カッコいいですね」と褒められても、男性は「ドッキリかな?」と疑ってしまうんです。

しかし、容姿がそこそこの女性から「カッコいい!」と褒められるのであれば、なぜかすんなりと喜べます。

男性を”褒め殺し”にするのであれば、美人でないほうが効果的です。男性を褒めまくれば、彼も悪い気はしませんから、あなたへの好意はどんどんアップするはずです。 

3:「ちょっとでも可愛くなろうと思って」

新しい洋服を着たり、髪型を変えてみたり、何か自分磨きをした際には、男性に「ちょっとでも可愛くなろうと思ってさ」と言いましょう。

男性はその言葉を聞いて「純粋で健気な子だなぁ」と好印象を抱きます。

美人が「ちょっと可愛くなろうと思って」なんて言っても、嫌味にしか聞こえません。元々美人なんですから、周りを馬鹿にしている感じすらありますよね。

男性は、ピュアな女性、健気な女性を見ると「可愛いなぁ、守ってあげたい」と思います。下手な美人よりも、男性の保護欲をかき立てるような女性の方が、男性から大切にしてもらえる可能性は高いといえるでしょう。 

4:「わたし、良いお嫁さんになるよ!」

恋愛の最終目標はやっぱり”結婚”ですよね。

確かに「美人をお嫁さんにしたい!」と考えている男性は少なくありませんが、多くの男性は結婚相手に性格の良さを求めています。”美人で性格も良い”という女性が理想ですが、そんな完璧な女性は多くありません。

容姿というのは、いずれ衰えてしまうものです。結婚とは老いていくまでの長い時間を一緒に過ごすわけですから、男性は妻の容姿が年齢と共に衰えてしまうことを知っています。

だから、男性が結婚相手に選ぶ際の基準は”容姿の良さ”よりも”性格”ということになるんですね。

ですから男性にアプローチする際に、自分の容姿が「美人ではない」と思っている女性は、自身の性格の良さをアピールすべきだと言えます。

「わたし、良いお嫁さんになるよ!」と男性にアピールすれば、彼も少し結婚を意識しますから、あなたの外面ではなく、内面を見てくれるようになるはずです。 

世の中の男性は確かに美人が好きです。しかし、外見だけで彼女や結婚相手を選ぶ男性はいませんから、性格やかわいらしさを前面に押し出すことで、彼の興味を引きつけることは可能です。

これらのセリフを駆使して、是非とも素敵な男性を美人より先に射止めてくださいね。

  

【参考】

ホント?美人じゃない子が使えば「美人よりかわいく見える」セリフ4つ – Dangdep!