時すでに遅し…!今思い出すとうまかった「元カレのエッチ」3つ

人生、後になってから気がつくことって多いですよね……。後悔しても、時すでに遅し。今となっては、悲しみをともなう、ほろ苦い美しい思い出として、味わうことしかできないのです。というわけで、「今思い出すと、うまかったんだなぁ」と思う元カレのエッチエピソードをご紹介。官能小説家の小川沙耶さんに解説していただきます。

1:普通だと思っていたエッチ時間

「元カレとのエッチは、ふたりとも満足するまで、たっぷりと楽しめていました。でも、別れて、次に付き合ったカレシが、あまりにも短すぎて……。

結局、そこが満足できないということもあり、その人とも別れて、別の人と付き合ったんだけど、やっぱり短い。

元カレは、すごい人だったのかなぁ……と思いました」(23歳/神奈川県川崎市)

元カレとのエッチ時間が最適だったと、別れてから気付いてしまったという女性の話です。いかがでしょう、沙耶さん?

女性のほうがオーガズムに時間がかかります

沙耶「一般的に、オーガズムに要する時間は、男性より女性のほうが長いと言われています。ですので、一緒に満足がいくまで楽しめた元カレは、貴重な存在だったと言えるのではないでしょうか。

とはいえ、それはあくまで一般的な話ですので、ちゃんと探せば、満足できるエッチができる相手はいくらでもいますので、振り返らずに、前をみて進んでほしいですね!」

 

2:ムードがあった

「元カレは、本当にどうしようもないバカで、全然働かないし、いつもケンカばかりしてたし、大嫌いなことが多かったけど、エッチのときにムードがありました。

今のカレシは、ちゃんとしている人なんですが、なんかセクシーじゃないというか……。やっぱりムードがないですね。なので、あまり反応できないです。演技していますが、疲れます」(23歳/中央区)

ケンカばかりで、しょうがないカレシだったけどエッチにムードがあったというエピソード。これはいかがでしょう、沙耶さん?

感情が入る相手だったのでしょうね

沙耶「ケンカばかりということで、良くも悪くも感情が揺らされる相手だったんでしょうね。

良いエッチにとって、最高のスパイスは“感情”です。

一番尽きることなく、エッチと相性が良いのが、“愛”……のはずなのですが、恥ずかしい気持ちもあるのか、なかなかエッチに愛を入れられる人が少ないという現実もありますね。

エッチ動画やエッチ漫画の影響で、性的に倒錯している人も多いですし。

良くも悪くも、感情的になる相手であったため、“ムード”を感じているのではないでしょうか?」

 

3:エッチの後も、仲良しできた

「元カレとは、エッチもよかったけど、終わったあとにベッドでいちゃいちゃできて、その時間が最高でした。

今のカレは、忙しくてあまり時間がない人ということもあるのだけど、エッチが終わると、冷たい感じがして、つまらないというか寂しいです。

エッチ後の寂しさを考えると、エッチでも燃え上がることができません」(22歳/足立区)

元カレとのエッチ後のいちゃいちゃが最高で、エッチそのものも楽しめたという女性のお話。これはいかがでしょう、沙耶さん?

負のループに落ち込んでいますね

沙耶「エッチ後に仲良しできるということは、エッチ自体にお互いが満足できているということです。逆に、そうなれないのは、エッチ自体も不満足なのではないでしょうか。

エッチ後の冷たさを感じるとエッチも燃えないということですから、今のカレシとは、まさに負のループに落ち込んでしまっていますね」

 

「実はよかったなぁ」とあとから気がついてしまった、元カレとのエッチについて3人の女性からお話をうかがいました。あとから気がついてしまうのは、悲しいもの。今カレとのエッチに不満がないのだったら、大事にしてあげてくださいね。