いゃん…もぉヤダと言いつつ!実はもっと男にシテ欲しいこと4つ

男の人にされると、思わず「ちょっとやめてよ!」と言ってしまうことってありますよね。しかし、実は内心「ドキッ! いやんそこもっと!」と思ってしまう……こともあるでしょう。そんな、女性が男性に「されたいっ!」ことを、催眠術の視点から紹介していきます。

イヤよ、イヤよも好きのうち!

男性は、付き合っている彼女なら是非仲良くしたい……という気持ちから、色々なスキンシップをとってきます。

そんなとき時には、「やだ! ちょっとやめてよ」と言ってしまうことも。

でも、女性のみなさん! 「やめて」と言いながら、実は内心もっとして欲しいと喜んでいることだって、あるある……ですよね。

そんな難しい女心が出やすい、男性からのスキンシップを、催眠術師の筆者がピックアップしちゃいますよ! 

1:「綺麗だよ……」って耳元で囁かれる

ポイントは性感帯の耳元!

これをヤラレたら、感じてしまう女子は結構多いのではないでしょうか?

言葉が嬉しいから、心が感じちゃう!と思いがちですが、実は違うんです。

女性は耳が性感帯にあたることが多く、思わずイッてしまいそうになるから、やめてほしい……という人までいます。

思わず「やめて」と吐息まで出てしまいそうになる“耳元での囁き”。 下半身のほうまでヤバいことになっている可能性も……!? 

2:コタツの中で足を絡ませてくる

足を絡ませるのはセックスアピール!

コタツが嬉しい季節ですが、お家デートの時にコタツや机の下などで、足を絡ませてきたり、横にトントンされたりすると、「やだー!」となりませんか?

SEXアピールを感じて、女の子はドキドキしちゃうんです。

これは、催眠術でいうとタッチング法と言うボディランゲージにあたります。

人はボディタッチされる機会が多いと無意識にその相手を好きになってしまう性質がありますが、足でこれを行うことで、まるで足から告白されているような気持ちになるんですね。 

3:背後からハグをされること

突然のハグ=びっくり催眠法!?

いきなり後ろからガバッとハグをされてしまうと、女の子はちょっとビクッとして固まってしまいます。

実はこれは、不意打ちでびっくりさせる……という、催眠術の手法でもあります。びっくりすると、身体が硬直してしまい、カタレプシー状態になってしまうのです。

そして、この硬直状態のときに頭に入ってくる命令は、自然と逆らいづらくなるから不思議!

この状態でお願いごとをされると、操り人形になってしまうかも……!? 

4:いきなり壁ドン!

壁ドンは催眠術だった!?

最近流行りの壁ドン!ですが、実はこれも催眠術師の得意とする技のひとつなんですよ。

人をビックリさせて暗示を入れる方法を、催眠術の世界では驚愕法といいます。

壁ドンした後甘い言葉を囁かれたら、彼女はあなたの暗示を受け入れ易くなります。さらに壁ドンした後に目をじっと見つめると、凝視法が加わりさらに効果的です。 

好きな相手限定でトリコにする催眠術

これら方法はいずれも、相手のパーソナルスペースに入り込んで行う行為です。

そのため、好きな人にされると嬉しいですが、嫌な相手にされると逆に嫌われてしまうという欠点も……。

確かに、こんなこと、嫌いな人にやられたら、本当に「ヤダ」ですよね。