ウソ…全然違う!? 「エッチに目覚めさせられた」カレシのテク3つ

エッチが好きな女子もいれば、嫌いな女子もいます。それは生まれつきなのでしょうか……? 「最初は嫌いだったけど、カレシのせいで好きになっちゃいました!」という女子も結構いるものです。今回は、彼女たちに聞いた「目覚めちゃった瞬間」の話をご紹介します。

1:やさしいタッチ

「最初から、“エッチは痛いから、あまり好きじゃない”とカレシには伝えてありました。

そうしたら、ついに、そういうことになった日、“大丈夫だよ。安心して。リラックスして”と言ってくれて、とてもやさしく、ゆっくりと時間をかけて、さわってくれたのです。

最初はこわかったので、緊張していたのですが、“リラックス、リラックス”と言ってくれて。ただ身体中なでられていただけなんだけど、だんだんと、気持ちよくなってきて……。

最後には、“なにこれ!?”という快感に変わりました。

いまではエッチが好きになってしまって、カレシ以外の乱暴な人とでも気持ちいいです(笑)」(24歳/大田区)

やさしいタッチに身体を慣れさせられてしまったという話です。せっかく気持ちよくなれる身体にしてあげたのに、それが仇(あだ)になって浮気されちゃうなんて、このカレシもかわいそうですね……。 

2:時間たっぷり!

「いままで、ふたりでするエッチでは、最後まで気持ちよくなることができなかったのですが、カレシの体力がすごくて、初めて、ひとりでするより気持ちいいと感じることができました。

途中であまり動きが止まることなく、ほぼ一定のリズムで、結構長いこと続くんです。一定のリズムだから、自分の快感に集中できて、最後には、自分で感じきれる快感を超え、すごく気持ちよくなりました。

あまり経験人数はないですが、いまのカレシとのエッチ以外で気持ちよくなれたことはないので、他で試そうとも思わないですね」(24歳/足立区)

一定のリズムで、長時間できるカレシに気持ちよくなることができたという話です。下手に緩急をつけないで、一定のリズムのほうが、女子は集中できるのかもしれませんね。 

3:気持ちよくなっちゃダメだからね

「“エッチをあまり気持ちいいと思えない”と、カレシが友達だったときから話していたんです。友達期間が長くて、カレシになったのですが、最初のエッチのときに、“気持ちいいと思えないんでしょ? じゃあ、気持ちよくなっちゃダメだからね”と言われて……。

気持ちよくなっちゃイケナイと思うと、なんか気持ちよくなってきてしまって(笑)。とても感じてしまいました。

それから、カレシとのエッチはいつも気持ちいいので、単純に相性もいいのかもしれないけど、最初のこのセリフで気持ちよくなっちゃったことを、すごく覚えています」(24歳/神奈川県川崎市)

気持ちよくなることを禁止された結果、気持ちよくなってしまったという話です。ダメだと思うと、身体が逆に反応してしまうのは、なぜなのでしょうね? 浮気や不倫だと感じやすいのも、「ダメなんだけど」という気持ちがあるからなのかもしれません。 

エッチに目覚めさせられてしまった、カレシのテクニックを3つご紹介しました。まだエッチを気持ちいいと思えていない人でも、エッチ上手なカレシができたら、エッチ好きになるかもしれませんよ。