飲み過ぎ厳禁!忘年会で「無様な泥酔姿」を彼に晒さない方法4つ

年末が近づくにつれて増える忘年会。連日のように飲み会があって、前の晩のお酒が身体に残ったまま次の飲み会に参加……なんてこともありますよね。そんな状態では彼の前で泥酔してしまい、醜態を晒すことになってしまうかもしれません。無様な泥酔姿を男性に見られないようにするためには、どうしたらよいのでしょうか

1:飲み会の前に何か食べておく

空腹状態では、胃に粘膜ができていないのでアルコールがすぐに吸収されてしまいます。空腹状態でお酒を飲むと、酔っ払うというのはこれが原因なんです。

ですから、飲み会の前にはコンビニのおにぎりを一個食べましょう。それだけでも随分と酔わなくなるはずです。

失敗できない飲み会には、小腹を満たしてから参加するのがベターだといえます。 

2:ウコン入りドリンクの力を借りる

コンビニなどで売っているウコン入りのドリンクも効果的です。お酒を飲む前にウコン入りのドリンクを飲んでおけば、それだけで肝臓の負担が軽くなり、酔わなくなります。

また、お酒を飲む前にたっぷりと水分を補給しておくというのもよいでしょう。自動販売機で飲み物を買って、水分をとっておけば、アルコールの分解に役立ちますし、飲んでいる途中で頭が痛くなるのを防ぐことも可能です。

男性の前で無様な姿を晒さないためにも、使えるアイテムは何でも使いましょう。

 

3:最初はスローペースで飲みはじめる

アルコールが身体に最も吸収されやすいのは、飲みはじめの瞬間です。

つまり、乾杯をした後、しばらくは意識的にスローペースでお酒を飲みましょう。そうするだけで変な酔い方をしなくなります。

飲み会に遅刻したときなど、周りの人たちに追いつこうと、最初の一杯をイッキ飲みするような場面もあるでしょう。しかし、その最初のイッキ飲みが原因で泥酔してしまう可能性は高いので注意してください。

男性たちから「飲んで飲んで!」と煽られても無視しましょう。あとで泥酔してゲンナリされるよりは、ノリが悪いと思われていたほうがマシです。 

4:トイレから助けを求める

どれだけ防衛策を取ったとしても、その日の体調によっては泥酔状態に陥ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、まずはトイレの中に逃げ込んでください。吐きたい気分ならば吐いてしまってもいいですし、少し休みたい気分なら休憩しましょう。

そして「これはマズい」と思ったら、携帯電話で助けを求めてください。その飲み会に同席しているメンバーの中で、最も信頼できる人に助けを求めるのです。

助けに来てくれた友人に事情を話し、お店の外まで連れていってもった後、タクシーを拾いましょう。

無様な泥酔姿を男性に晒すよりは、友達の口から「体調が悪いみたいで先に帰った」と言ってもらった方が上品です。 

女性が泥酔している姿を見ると、男性の多くはゲンナリしてしまいます。男性の前でそんな姿を晒さないためにも、これらの情報を参考にしてみてくださいね。

  

【参考】

泥酔して男子に「お持ち帰りされない」ためのSOSの出し方3つ – Dangdep!



Поможем вам подобрать и np.com.ua недорого с доставкой.