結婚できない人はコレがない!「最後の男」と出会うためには…3つ

婚期、出産と、女性は社会から“リミット”を設定されてしまっているのが現状です。でも本当に大切なのは、本当の自分をさらけ出すことができ、それを受け入れ愛してくれる男性と出会い、結ばれること。周囲の声に惑わされずに、“最後の男”を見つけるにはどうしたらいのか。今回はそのために必ず心に留めておくべきことを3つご紹介します。

1:自分がありたい姿を明確にする

自分がどのような人生を歩みたいか。自分はどのようにありたいのかを明確にしておくことが大切です。なぜなら、どれほど心を奪われる相手であっても、ありたい自分を実現できないような相手であれば、“最後の男”としてふさわしいとは言えないからです。

結婚してもあなたの人生は続く

これは何も“最後の男”に関してだけではありません。

たとえば今は“結婚”が目標だったとしても、結婚をしたあともあなたの人生は続きます。

これまでと同じように、欲しいものも出てくれば、素敵な人と出会う可能性だって十分にあります。

そんなときも大切にできる相手なのかどうか。そして、自分の可能性を潰さずに、協力してくれるような相手なのかどうかを判断するためには、まずあなたが人生において成し遂げたいものやありたい姿を明確にしておくことは必須です。

 

2:“最後の男”の姿を決めつけない

年収、社会的地位、容姿。これらを条件にしているのであれば、“最後の男”を見つける準備ができているとは言えません。

人生を共にする相手を探すということは、自分の人生すら決定づけてしまう行動。出会い系サイト上で知りうるような表面的な情報を、その大切な判断の大きな要素にしてしまうのは危険です。

コミュニケーションがとれる人かどうかを確かめる

彼はあなたの話をきちんと聞いて、頭と心をつかって返答をしてくれますか? それができるかどうかは、“最後の男”かどうかを見極める上での最重要ポイントの一つ。

人生には面倒な問題が数多く発生するもの。何かあったときに助け合うことができないような相手であれば、恋愛初期の盛り上がる気持ちや彼への興味が違う形に変化していった時に、後悔に変わる危険が大いにあります。

 

3:表面の殻を破って中身まで知り合う努力を

出会うだけでも一苦労なのだから、恋に落ちた相手はできれば失いたくない。そう思うのは当然の心理です。

でも、本当に“最後の男”を見つけたいのであれば、ここでもうひと踏ん張りする必要があります。それは“本当の彼を知る”ということ。

ある程度の時間は必要

知り合って数ヶ月で知り得ることは、たいてい表面的なこと。彼は完璧!と思っているうちは、まだ彼の内面まで見ていない場合が多いものです。

彼はあくまで自分とは別の人間。自分にとって完璧な人間などいないと考えるのが賢明です。その上で異なる部分を互いに尊重し、自己実現に結び付けられる相手なのかどうかをきちんと見極める努力をしましょう。

心に引っかかる問題には目をつぶらずに立ち向かう

付き合いが深まれば、どこかの時点でどうしても譲れない問題が多少なりとも出てくるものです。それらに目をつぶらず、きちんとクリアにしていくことが大切です。

その態度はあなたの真剣さを相手に伝え、だからこそ本気でない相手はふるい落とされていきます。

問題に向き合うことができない相手は“最後の男”としてはふさわしいとは言えません。

 

心から信頼できる相手と共にする人生はなにより素晴らしいもの。様々な障害も共にクリアできる相手を出会い、深い関係を築いていきたいものですね。