カレシが照れてカワイイ!ラブが盛り上がる「小悪魔イタズラ」4つ

みなさんは、大好きなカレシのことを刺激してあげていますか? まったり幸せなお付き合いもいいですが、たまにはドキッがないと、男子は飽きてしまいます。そこで今回は、小悪魔女子たちに聞いた「カレシにしちゃったイタズラ」をご紹介。真似すれば、ラブが盛り上がること間違いなし!?
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:目覚ましを変なのにする

「仕事すごいがんばっているんだけど、“朝がつらい……”と落ちていたので、ちょっとイタズラしたことがあります」

ーなんでしょう? おはようLINEを送りまくったとか?

「いえ、枕元のベッドの下に、『ドラゴンボール』の目覚まし時計を置いて、セットしておいたんです。悟空の声で起こしてくれるやつ」

ーそれはビックリしますね(笑)!?

「“おい。悟空に起こされたぞ。元気出たわ”と言っていました。喜んでくれて、よかったです」

ーその目覚まし、どうしたんですか?

「それは弟の部屋にあったヤツを勝手にもってきました(笑)。でも、好評だったので、自分の声を録音できる目覚ましを買い、私の声で第二弾サプライズもやってみましたよ」

ー喜ばれましたか?

「“悟空のほうがよかったな”と言ってたけど、うれしそうでしたね。いまでも使っているようです。目覚ましなんて安いものだし、いいプレゼントになりました」 

2:しおりが……!?

「カレが夢中になって読んでいる本のしおりをとって、代わりにメッセージカードを入れておきました。しかも、全然違うページに(笑)」

ーひどい……(笑)! メッセージカードには、なんて書いたのですか?

「“こんなこと、面と向かって言えないけど、いつも一緒にいてくれて、ありがとう。ワガママな私を支えてくれて、感謝してます。いつまでも仲良くしてくださいっ! 愛してるよ”

みたいな感じです」

ーすごく普通に感動できますね! 喜んでいましたか?

「“それはいいけど、どこまで読んだかわからなくなっちゃったじゃねーか!”と怒ってました。照れ怒りですね」

ー照れ怒り……。かわいいですね!

「本当にまた最初から読んでいるのを見て、“この人、全然内容が頭に入ってないんじゃないの……?”と、こっちは軽く幻滅しましたけどね」 

3:花火で名前を書く

「夏の話なんですが、彼の実家に遊びに行ったとき、みんなで花火をやったんですよ。花火をアスファルトに近づけると、白くなるじゃないですか?

それで、彼の名前を道路にでっかく書いちゃいました。“ゆうた”って」

ー近所の人に見られたら恥ずかしいですよ(笑)?

「酔ってたので……(苦笑)。“ゆうたラブ”って書こうとしたんですけど、途中で花火が消えちゃって“ゆうたー”になっちゃいました」

ー消さないと怒られちゃうんじゃないですか?

「ゆうたが、一生懸命消してました(笑)」

ー喜んでましたか?

「楽しそうにしてた気がしますよ(笑)」 

4:写真を撮る

「カメラマンになったつもりで、“かっこいい! コッチ向いて!”とスマホで彼の写真を撮りまくったことがあります。最初、“やめろよ。恥ずかしいよ”とか言ってたけど、めげずに撮り続けていたら、まんざらでもない感じでした」

ーなぜ、そんなことを?

「だって、好きな人のかっこいい写真をもっていれば、いつでも見られるでしょう? 不意をつかれた表情、照れてる表情、嫌がっている表情、かっこつけてる表情、飽きてる表情、いろいろ撮れました」

ーなんか、いい感じですね。彼は喜んでいましたか?

「一番よく撮れたやつをプロフィール写真にしてたから、多分……(笑)」 

カレシを照れさせちゃう小悪魔なイタズラを4つご紹介しました。マンネリカップルでも、こうしたちょっとした工夫で、ラブが盛り上がりそうですよね。みなさんは、カレシにイタズラしちゃったことはありますか?

 

Нашел в интернете важный интернет-сайт , он рассказывает про https://agroxy.com.