お風呂の中で「もしかしてプロ?」と誤解されちゃう女の特徴4つ

男性との楽しい混浴タイム。お互いに身体を洗い合うなど、イチャイチャできる時間でもあります。しかし、そんなお風呂タイムですが、女性がある行動を見せてしまうと、男性が「もしかしてこの子はプロなのかな?」と誤解してしまうことがあるというのです。それは一体どんな瞬間なのでしょうか。

1:服を脱がせるのが上手い

彼と一緒にお風呂に入る際、男性の服を脱がせてあげることもあるでしょう。しかし、その服の脱がせ方があまりにも上手だと、男性に「もしかして男の人の服を脱がせるの、慣れてる?」と思われてしまいます。

男性の服を脱がせるのが上手な女の子……それってつまり”プロの女性”ですよね。

そんなふうに勘違いされたくないならば、少し不馴れな手つきで男性の服を脱がせましょう。 

2:石鹸を泡立てるのが上手い

”プロ”の女性は石鹸やボディソープを泡立てるのが上手です。泡を作って男性の身体を気持ちよく洗ってあげるテクニックを持っているんですね。

つまり、別にそういうお店で働いていた経験がなくても、やたらと石鹸などを泡立てるのが上手な場合、男性はそんな女性の姿を見て、「もしかしてプロ?」と思ってしまうことがあるかもしれません。

勘違いされたくない場合は、ゆっくりと泡立てるようにして石鹸を扱いましょう。 

3:洗ってあげる手つきがエロい

”プロ”の女性は男性の身体を洗い慣れています。また、慣れていると同時に身体を洗う際、男性を気持ちよくしてあげる方法を習得しているのです。

つまり、あなたが彼の身体を洗ってあげる際、必要以上に”サービス”をしてあげてしまうと、男性はその手つきを勘違いしてしまい、「もしかして……」と勘繰ってしまいます。

混浴中に彼を気持ちよくしてあげたい気持ちはわかります。しかし、やり過ぎは禁物です。 

4:恥じらいがない

男性と一緒にお風呂に入る際、恥じらいがまったくない女性も「プロかな?」と勘違いされてしまう危険を持っています。

彼に裸を見られても恥ずかしいと思わない。そんな女性は男性から「そういう場面に慣れているんだろうな」と解釈されてしまうかもしれないのです。

そこまで考えが至れば、男性が「もしかしてプロ……?」と勘違いする可能性は高くなってしまいます。 

男性に「もしかしてプロ?」と勘違いされれば、彼が持つあなたの印象はガラリと変わってしまうかもしれませんし、過剰なサービスを要求されてしまうかもしれません。これらの情報を参考にして、勘違いされないようにしてくださいね。

 

  

【参考】

「えっ…もしかしてプロ?」と誤解されかねないホテルでの行動4つ