「河野悦子」にならえ!可愛さ徹底解説…ズバズバ女子がモテるワケ

ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の主人公、石原さとみが演じる河野悦子に、もうキュンキュンの人も多いはず! 男子だけでなく女子も彼女の虜になってしまいますよね。どうして河野悦子はあんなに可愛いのか? 石原さとみだから? いえ、それだけではありません。河野悦子の性格を読み取り、あの可愛さを徹底解説!
©gettyimages

1:素直

石原さとみ、こと河野悦子はなんといっても素直なんです。「好きなものは好き! 嫌いなものは嫌い!」とはっきりしています。

裏表がない

今時こんなにも、はっきりしているひとは珍しいでしょう。八方美人とは違います。人に合わせることなくいつも自然体。男性はきっとこのような自然体の女性を求めているのでしょう。

人の目を気にしてストレスをためるくらいなら、彼女のように、好きなものは好き、嫌いなものは嫌い、とはっきりと生きてみてはどうでしょうか。 

2:ポジティブ

そしていつでも前向きな彼女。校閲部に配属になってもポジティブ! 住んでる部屋が古臭くとも、ポジティブポジティブ!

笑顔

ポジティブであるため、彼女はいつも笑顔です。彼女の可愛さは、整った造形だけではありません。その明るい表情がなによりも魅力的なのです。表情にも彼女のポジティブな性格がにじみ出ていて、周りにも笑顔を与えています。

何か気の利いたことをするわけでなくとも、ただ笑顔でいるだけで、周りも自然と笑顔になれるのです。 

3:おしゃれ

女子に支持される理由は、圧倒的にこれでしょう。

寝る瞬間までおしゃれ

「今日は特別な日だからおしゃれしよう」ではなく、彼女は毎日、いつも寝る瞬間までおしゃれに気を抜きません。

ドラマだからではありません。夜寝る前にだって急にイケメンが荷物を届けに来てくれるかもしれないじゃないですか。もしかしたら急に彼氏が部屋に来るかも!?

女子はいつ何時でも、おしゃれに気を抜いてはいけない!ということを教えてくれますよね。 

4:面倒見が良い

素直で自分の思ったことを何でも言う性格なので、多少お節介ではありますが、とても面倒見がよいのです。

まるで母親

そのお節介ぶりはまるで母親。ウザいと思われるかもしれませんが、案外男性はお節介されるのが好きだったりするものです。

最近は他人に干渉しない人も増えていますが、本当は河野悦子のように、少しウザいけれど自分をしっかり見てくれている女子を求めているのかもしれませんね。 

5:仕事ができる

のんきそうだけど、やることはやっている。文句の言いようがないところですね。

ギャップ

一見楽観的に見えるけれど、キッチリやることはやっている。このギャップです。彼女の校閲は毎回素晴らしいもの。新入社員にも関わらず他の社員と同じスピードで仕事をこなしています。それってまさに“地味にスゴイ”ですよね! 

河野悦子は、石原さとみだから可愛いのではありません。彼女の性格に、可愛さとモテ力が備わっているのです。

なんでもズバズバ言ってしまうけれど、いつも周りには誰かがいる。そんな彼女のように生きてみたいとは思いませんか?