もっとして〜!男が泣いて喜ぶ「反則スレスレなHテク」世代別3選

正直、ベッドで男を喜ばせるにはどうしたらいいの……? そのコツはどうやら年齢によっても違うようです。今回は、恋愛心理カウンセラーの筆者が、デリバリーヘルスの経営者に聞いた、女性がベッドで用いるべき究極のテクをご紹介致します。

1:ベッドの上ではメス猫になれ!

猫って、人間に比べて、とってもクニャっとしていて色っぽい感じですよね。

ベッドの上では、女性はメス猫になって正解、なのだそうです。確かに、腰のあたりの動きなど意識したいですよね。

そして、とりわけ心がけたいのが、これ!

目線で攻撃! ルッキングアイ

エッチのときは、恥ずかしいとか、そのほか色々な理由で、相手の男性から目をそらしていませんか?

ベッドの外でも、目線は男性の心理に大きな影響を与えますが、ベッドの中でもそれは変わらない!

男性の目を見つめれば、男性になんともいえない優越感を与えて元気にしちゃうんです。

 

2:30代なら淫乱のフリ!?

慣れてない熟女は引かれる!

30代と言えば既に熟女の域に入ってきます。20代と違ってエッチにもそこそこ慣れているのが普通、と男性としては思っているものです。

ですから、自分ではそうでもないと思っても、ベッドでは積極的に振る舞うほうが喜ばれるということを、覚えておきましょう。

中には「淫乱だと思われちゃうかも……」なんて、遠慮がちに慣れていないフリをする熟女もいるものですが、それは逆に男性に引かれてしまいます。

ほんとに慣れてない場合は教えてもらおう

良くも悪しくも、30代だけどマジでエッチ慣れしていないのですが……という女性も少なくないもの。

そんなときは、相手の男性に「してあげたいの。教えて?」というスタンスで攻めてみるのも良いかも……。

 

3:若い子はマグロでOK!?

慣れてる若い子もイヤ!

もし、あなたが20代など、まだ若い部類なら、いくらエッチに慣れていても、逆に慣れていないフリをするのが賢明です。

若い女性に対しては、男性はそれほどのスゴテクを期待しているわけではなく、むしろ自分が上位に立って攻めたいという男がほとんどなのだそう。

マグロなりに反応してあげて

つまり若い女性に大事なのは“恥じらい感”。恥ずかしいからガマンしたい、でも感じている!という反応を返してあげると、男性は喜びますよ!

 

男ってワガママ!

若い女性なら、慣れているのはイヤなくせに、アラサーになると慣れていないとイヤなんて、男ってワガママですね。

あなたも、男の弱点を掴んで、カレとすてきなベッドライフを送りましょう!