す…すごかった!思い出に残ってる「超エッチな女」のテク3つ

みなさんも知っているように、男子はエッチが大好きッ……なのですが、そんな男子でもビックリしてしまうくらい超エッチな女子も存在します。今回は、男子たちに聞いた「すごくエッチだった女子のエピソード」をご紹介しましょう。彼女たちのテクから、学べることもあるかも!?
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:寝てるのに馬乗りっ!

「結構、強引にラブホに連れ込んだ子だったのですが……。エッチしてみたら、態度が豹変! すごく久しぶりのエッチだったらしく、終わったあとも、何度もしようとしてきて、本当に困りました……」(24歳/北区)

ーさすがに、そんなに何回もできませんよね?

「強引にさせられましたけどね」

ーえっ。どんな風にさせられたのですか?

「もういい加減に疲れ果てて、寝てしまったのですが、気が付いたら寝ている僕の上に馬乗りになり、なかば強引にエッチしていました」

ーできるものなんですか?

「いやっ! もうムリ!と言いましたし、絶対にムリだろうという感覚が自分でもあったのですが、意外とあそこまで強引にされるとできるもんなんですね」 

2:終わった直後に、ガシッ!?

「カラコン入った遊び人っぽい子で、見た目からしてエッチな感じだったんですけど、実際ヤバいくらいエッチでした。あんな経験は、いままでしたことありませんし、これからもないでしょう……」(23歳/千葉県船橋市)

ーいったい、どんな経験だったのでしょうか(ドキドキ)?

「普通にエッチして、普通に終わったんですけど……、直後にガシッとつかまれて!」

ーガシッとつかまれて!?

「そのまま強引に、ガシガシガシガシって手で気持ちよくさせられてしまったのです」

ー終わった直後でしょ!? 痛くなかったのですか?

「痛くはなかったですけど、くすぐったい感じですよね。“や、やめてくれー!”となりますよね。それでも離してくれないんです」

ーそれって、めちゃくちゃ苦痛じゃないですか?

「ところが、強引にそれを続けられると、またなんだか気持ちよくなってきて、そのままもう一回、気持ちよくなっちゃいました」

ーへー。そんな風になるんですねぇ!

「あとにも先にも、この1回だけですね。自分でやってみたけど、ムリでした」 

3:撮影が終わって……

「僕はライターをやっているのですが、エッチな本の撮影がありまして。撮影と言っても、渋谷の路上で声をかけて、ラブホに連れ込み、僕が撮るですけど」(37歳/豊島区)

ーなんだかエッチですね?

「とはいっても、別に何もしないですよ。ただ撮影するだけです。僕もそのあと、他の取材がありましたし、なかなか女の子が捕まらなくて、時間が押してましたから、入って30分くらいで、がんばって撮って、すぐに出たんですよ」

ーなにもしなかったんですね?

「撮影だけですね。撮影の間も、“触っていいよ”とか言われてたんですが。仕事だし……」

ー仕事だからじゃないでしょ(笑)!

「まぁ、ぶっちゃけタイプじゃなかったんですけど(笑)。それで、ホテルから出たんですけど、そこからがエッチでしたねぇ」

ーどんな感じだったのですか?

「ホテルから、駅まで徒歩10分くらいだったんですが、その間、どれだけ自分がエッチか……ずっとアピール!

“お医者さんごっこが得意なの”、“患者さんにも、看護婦さんにもなれるよ。どっちもできるの!”、“いろいろしてあげて、気持ちよくさせるのが好きなんだ”……その他いろいろ。

10分間にまぁ、よくここまでアピールできるものだな……と」

ーだんだん興味が出てきてしまったと。それで、どうしたのですか?

「連絡先を交換しました」 

男子たちの思い出に残っている“超エッチな女”のエピソードを3つご紹介しました。なかなか激しいものがありましたね。

あまり淫乱すぎるイメージはどうかと思いますが、ちょっとエッチが上手くらいなら、カレシに喜ばれるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。