若く見せるはずが!アラサーをすこぶる老けて見せるNGメイク3

女性であれば誰もがいつまでも若く美しく見られたいと願うもの。メイクアップはその願望を手軽に叶えてくれる夢のテクニック。でも一歩間違えると、逆の効果を生み出してしまうということも……。そこで今回は、イメージコンサルタントの資格を保有する筆者が、アラサーをすこぶる老けて見せてしまうNGメイクを3つご紹介します。

1:白すぎるファンデーション

透き通るような白い肌はとても美しいもの。でもそこには絶対に必要な要素があります。それは“清潔感”。

白い肌を厚塗りで作ってしまうと、清潔感が失われてしまいます。

“隠したい”と思う部分ほど、厚塗りしない

シミやシワなど、年齢を重ねるとどうしても出てきてしまう”いらん要素”はファンデーションやコンシーラーで塗りつぶしてしまいたくなりますよね。

でもこれは大変危険な”老け行為”。”隠したい”部分こそ、ナチュラルさをキープするべき。それが”清潔感”への鍵です。

特にシワにはできるだけファンデーションを乗せないようにしましょう。割れて更にシワを目立たせる結果になってしまいます。

ポイントは保湿と下地

おすすめは明るいトーンの下地できちんと肌をカバーしてから、ワントーン暗いファンデーションを使います。

ファンデーションで隠すことより大切なのは、ノリをよくするための保湿。そこに時間をかけましょう。

 

2:はっきりしたリップカラー

”大人だから、赤リップ!”と張り切ったのかどうかはわかりませんが、老け顔を加速させる要因の一つが、濃すぎるリップカラーです。

濃くてもきちんと似合うカラーを利用していれば良いのですが、それを見つけ出し、更にはそれが自分の良さを上手に強調してくれるかどうかを判断するのは至難の業です。

アラサーになったら、流行に左右されず、自分に似合うものをしっかり見つけていきましょう。

唇はヌーディーが鉄則

ヌーディーでみずみずしい唇はなによりセクシー。リップカラーをしっかり付けるのではなく、少し色のあるグロスをたくさん試して自分に一番合うものを見つけましょう。

ピンクブラウンで、ラメが入っていないものはどんな唇も魅力的に見せてくれる鉄板カラーです。

 

3:アイシャドー

毎年様々なメイクアップ商品が発売され、中には奇抜なものもちらほら。それを使って美しくCMに登場する女優さんにうっとりし、ついつい買ってしまうなんて事も良く起こります。

でもいくら流行っているからとは言え、色のはっきりしたアイシャドーをがっつりつかってしまうのは考えものです。

メイクはその人の価値観まで反映すると言っても過言ではありません。顔と中身を切り離さず、本当に自分に合ったものを見つけましょう。

でも、試さずして合ったものは見つからない!

とはいえ、様々な商品を試してみるのは大切なことです。何が一番自分を美しく見せてくれるアイテムなのか。そして心地よくさせてくれるのか。

ブランドごとに異なるコンセプトを打ち出していますので、それらを参考にしながら、自分のパーソナリティにあったものを取り入れてみるのもオススメです。

例えば、ナチュラル志向だけどちょっとセクシーなカラーも試してみたいという場合、いきなりシャネルのリップを探すのではなく、ボビイ ブラウンが限定で発売しているファンシーなカラーを選ぶようにすると失敗が少なくなります。

メイクは女の特権。自分の個性を発揮するツールとして楽しみましょう。

 

いかがでしたか? 太古の昔から、女の欲望に寄り添い進化し続けているメイクテクニック。上手に取り入れて、自分自身をもっともっと楽しみたいものですね。