まさに…チン事件!? 「筆者が目撃した」ビックリ男性シンボル3つ

あなたは、エッチの最中、珍しい男性シンボルを目の当たりにして「ぎょえぎょえ~!」ってなってしまったことがありますか? 見たこともないものを見て、うっかり間違った対応をしては大変! 今回は、筆者が実際に目にしたことのある、ビックリ男性シンボルをご紹介します!

ビックリ珍品男性シンボル3選!

1:ソレ、腕ですか?馬並みシンボル

まずご紹介するのは、信じられないくらい太い! 馬じゃないの的な男性シンボルです。

正直、その……女の子の腕くらいはある。ありますね。世の中、大きいのがいい、みたいに言われることもありますが、さすがにこれはちょっと引いてしまいます!

途中で引き返すわけにいかず、体の中に入れてみると、ギシギシ音がして気持ちいいどころじゃない……!

大きければいい? それは間違い。間違いなんです。

2:太平洋にえのきダケ!? 超ほっそりシンボル

お馬さんの次に(ある意味)驚いたのは、エノキ男子!

失礼を承知で申し上げると、小さすぎて、入ってきても感触がありません……。

顔だけ見ればイケメンで、いわゆるオラオラ系の男性だったので、ギャップが凄く思わず笑ってしまうほど。

しかし、さすがに最中に笑うわけにもいかず……。

3:尾曲がりネコ? 曲線が変わってる!

ネコの中には、幸運を招くと言われている、シッポが曲がった、いわゆる“尾曲がりネコ”というネコちゃんたちがいますが、男性にもそういった個性があるようです。

角度によっては気持ちいい部分を直撃ということもありそうです。

もっとも、こればかりは女性の内部の構造にも寄るので、誰しも当たるわけではないでしょうけれども……。

もしくは、そのような男性に“当たった”ことが幸運なのかもしれませんね。 

珍品を目にしてもあえて指摘せずスルーして!

女性ですもの、出会いの中には、「うっわー!」というシンボルもあるかもしれません。

でも、見てビックリしても、できるだけ表情に出さないのが賢明です。

男性のデリケートな気持ちと、そのシンボルとは、女性にはわからない一体感で繋がっているそうです。

つまり、ヘンに対応して男性のコンプレックスを刺激してしまうと、そのままシンボルが“使えなくなる”ことだってあるということ……!

だいたい、女性から見て珍品シンボルの男性は、たいてい自分でわかっています。

何かあってからでは、取り返しがつかないので、あえて指摘もせずスルーしてあげるのが一番。

そして、もしそれが理由で別れるとしても、シンボルには触れないでおいてあげると優しいですね。