私にお金を払うほどの気持ちはない?「毎回割り勘オトコ」の心理とは

自分より年上で、世間的には「一流」とよばれる企業で働いている。収入が私より低いわけではないのに、デートはいつも割り勘。そんな彼、いませんか? 毎回きっちり割り勘だと、「私にお金をかけたくないの!?」と思ってしまいますが、はたして本当のところはどうなのでしょう……? 大学で恋愛心理学を担当している筆者がせまります。

それって付き合ってるの!?

毎回のデートが、きっちり割り勘。女性からすれば、金額の問題ではなく、大事にされている実感がなくてさみしい気持ちになるというひともいるでしょう。

食事にでかけても割り勘だと、彼氏とのデートというよりも、男友達と出かけているのと変わらない気持ちになるかも知れません。

まして、ホテルでちょっと“御休憩”……となったときに、それまできっちり割り勘でといわれたら、けっこう気持ちが萎えますよね。

 

男性が女性に“お金”を使う心理

一般的に、男性は気になる女性に対して、お金を使おうとします。

というのも、お金は男性の経済力を示すから。動物の世界だと、オスはメスに対して、自分がどれだけ強いのかを、カラダの大きさでアピールしたり、プレゼントとしてエサをとってきたりしてアピールします。

人間の場合も同様です。男性が筋肉をアピールしてしまうのは、動物がカラダの大きさで強さをアピールするのと同じです。そして、プレゼントとしてエサをとってくるのと同様に、気になる女性に対して高価な贈り物や、高級レストランでの食事をして、その支払いをしようとするんです。

いってみれば、男性の“見栄(虚栄心)”が、女性にお金を使うという行動の背景に存在します。もちろん、気になる女性を手に入れて、最終的には繁殖(エッチ)したいという本能もあります。

 

釣った魚にエサをやらない男性

女性に使うお金はいわば、エサ。そして、女性は狙った獲物です。ですので、釣ってしまえば、エサを与えることはなくなります。

「付き合うまではすごく尽くしてくれていたのに、付き合ったとたん冷たい」という彼を持った経験、ありますよね。まさに、釣った魚にエサをやらない。ここに、恋愛関係でのトラブルが生まれます。

ですが、毎回のデートがきっちり割り勘というのと、釣った魚にエサをやらないというのは少し違いますよね。たいてい、毎回のデートがきっちり割り勘の男性は、付き合う前から割り勘派のことが多いです。

 

女性にお金をかけない男性は“素直”?

毎回のデートがきっちり割り勘という男性は、女性からすれば「恋愛経験が乏しいのかな」とか、「気の利いたことができるタイプじゃないんだな」と思うかもしれません。それとも、「ただのケチ」なのか。

もちろん、そういう理由も考えられます。ですが、ここまでの話を踏まえると、男性が女性に対して“見栄をはっていない”ともいえるわけです。

お金をたくさん使うことで、女性から男らしいと見られたいとか、気に入られたいとか普通はおもうのですが、そういう気持ちがないから、デートで割り勘ということができるんです。

いってみれば、素直に女性と向かい合っているのでしょうね。

 

女性の目には甲斐性なしに映ってしまうかもしれませんが、決してそれだけではないんですよ。

彼はありのままの彼であなたに向き合っているだけなのかもしれません。それを受け入れてあげる度量、あなたにはありますか?