クリスマス…空いてる?で「彼女がいるオトコ」を落とす裏ワザ3つ

みなさんは、もうクリスマスの予定をたてましたか? 「一緒にすごしたい人がいるけど、彼には彼女がいて……」なんて切なくなっている人もいるかもしれませんね。そんな人に大朗報! 元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんが、クリスマス時期に使える泥棒猫テクニックを教えてくださいました。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わざとクリスマスに誘おう!

ーナナミさん、この時期、パートナーのいるカップルは盛り上がっていて、手のほどこしようがないように思えるのですが……?

ナナミ「そんなことはありません。この時期だからこそ、ラブラブな彼女との関係をブッ壊し、奪い取るチャンスがあります」

ーそんなことをしていいのか?ということは置いておき、では、どうすればいいのですか?

ナナミ「“クリスマス空いてる?”と誘ってみましょう」

ー彼女がいるのにですか?

ナナミ「これが非常に効果的である理由を、これからご説明します」 

1:次につながる!

ナナミ「まず彼女がいる男子に、“クリスマス空いてる?”と聞いても、だいたい断られます」

ーダメじゃないですか。

ナナミ「大丈夫。ここで、普段だったら、“うーん、予定確認してみる?”的な、あいまいな返事になりがちなんですが、クリスマスだと、“そういう意味”をふくんでいますので、真面目な話ができます。

“クリスマスはさすがに彼女と……”という話が、相手からでなかったら、“クリスマス、なにしてるんですか?”と、ちゃんと聞いてみましょう。

彼女と過ごすことを白状してくれるはずです」

ーそれでいいんですか?

ナナミ「いいんですよ。“好きです”と伝えたようなものですから。でも、まだそこまでの仲ではないので、クリスマスという特別な行事は彼女に譲るわけです。ここから、クリスマス当日も、大反撃がはじまります……」

ー当日も!? 

2:気になってしまう

ナナミ「だいたいクリスマスなんて、よほど付き合いたてのラブラブカップルでもないかぎり、やってみると聖なる感じが強すぎて、男子には刺激が足りないのです」

ーそんなもんですか?

ナナミ「そうですよ。稲中(編集部注:『行け! 稲中卓球部』のこと)でも女子とデートすることになった前野が、“サンタ狩り……”と、涙を流していたでしょう?」

ー歳がバレますよ、ナナミさん(笑)。確かに、クリスマスデートがつまらなすぎて、男友達の井沢たちと“サンタ狩り”したくなっちゃってましたね。

ナナミ「静かにツリーのチカチカなんか見て、隣の彼女が肩にポテンと頭をのせてきたくらいのとき、なにもなければ、“幸せ……だけど退屈”くらいの感覚なのですが」

ーなのですが?

ナナミ「事前に“クリスマス空いてますか?”という誘いが、他の女性からあった場合、それを思い出してしまうのです! クリスマスは、静かで退屈だから!」

ーなるほど。恐ろしいですね……。 

3:嫉妬してしまう

ナナミ「さらに恐ろしいことがあります……」

ーまだあるんですか?

ナナミ「クリスマスを誘ったということは、“誰かといたいけど、空いていた”ということなので、“彼女、結局どうしたんだろう……?”と気になってしまうのです。なんと、ここで嫉妬するんですね」

ーそんなものですか?

ナナミ「そうですよ。好かれているわけですから、大丈夫と思いきや、クリスマスというイベントのせいで、一緒にいてくれた誰かに取られてしまう恐れがあるわけです。彼女といるときに、そんなことを想像しちゃうんですよ……ひどい話です!」

ーそんなことをさせようとしないでくださいよ(笑)。

ナナミ「だから、とても強力なテクニックなので、本当にどうしても好きで好きでしょうがない人にだけ、使うようにしてください!」

ーいまさらそんなフォローいれたって、焼け石に水ですよ(笑)。

ナナミ「事前に“クリスマスは結局女子会〜”とか、余計なこと言っとかないように! 嫉妬させると効果的ですよー」 

クリスマスなのに、彼女のいる男子を落としてしまう裏ワザをご紹介しました。仲良しカップルのクリスマスをブチ壊しにしてしまうのは、とても悪いことですので、よほど「好き」の気持ちが抑えられないときだけの使用にしてくださいね!

  

【取材協力】

ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。