カレシが大激怒!愛され彼女は絶対やらない「デート中のNG」3つ

みなさんは、デート中にカレシのことを怒らせてしまったことはありますか? せっかくの楽しいデートが台無し。男子って、女子からしてみれば、よくわからない理由で怒り出すことがありますので、しっかりと男心を学んでおいてくださいね。今回は女子たちに、「カレシがデートで激怒したエピソード」を聞きました。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:元カレと電話

「デートで楽しくおしゃべりして、ラブラブに盛り上がっていたのですが、電話がかかってきて出て、ちょっと長い時間しゃべってしまったのです。

電話を切り、“お待たせっ! ごめんね”と言ったのに、カレシの顔は真っ赤。その後10分くらい口を聞いてくれませんでした……」(24歳/台東区)

ー電話は誰からだったんですか?

「元カレです」

ーそれは怒るでしょう! なんの話だったんですか?

「とくに用事はなかったみたいなんですが、前の日に観たドラマの話で盛り上がってしまって……」

ーなんでカレシと一緒にいるときに、元カレとドラマの話で盛り上がれるんですか?

「いやー……。カレシはあまりドラマを観ないので。仕方なくないですか?」

ーそれは怒られて当たり前だと思いますよ。元カレといまだに連絡していることは怒られないんですか?

「嫌がってはいますけど、もうただの友達なので」

ーそうかもしれないけど、やっぱりカレシの心情的には面白くないんじゃないですかね? カレシが嫌な気分になってもいいんですか?

「でも、元カレはもともと友達で、そこからちょっとの間だけ付き合っただけだから、いまは大事な友達なんですよ。それを切れと言われるのは、私のほうが嫌な気持ちになります!」

ーよく話し合ったほうがいいと思いますよ……。 

2:洋服を買わない、けど欲しい

「欲しいお洋服があったんだけど、高くて。試着だけしてみようと思って試着したらやっぱりかわいい! カレシも気に入ってくれてました。

でも、高いからやっぱりなぁ……どうしよぉかな……と葛藤していたんです。

そしたら、急に“早くしろよ!”とブチ切れられて、大げんかになってしまいました」(23歳/江戸川区)

ー女子のショッピングに付き合うのは、男子からするとツライですからね。しかし、なんでそんなに怒ったんでしょう?

「“欲しいなぁ……でも高いなぁ……”とずっと言ってたから、そんなつもりはなかったんだけど、おねだりしているように思われたようです。

本当にそんなつもりはなかったから、私も怒りましたよ! そんな風に思うなんて、ヒドイです」

ーあー……。確かに勘違いするかもですねぇ。 

3:「つまらない」と言う

「一緒に観に行った映画がつまらなかったので、終わった後、“つまらなかったね……”と言ったら、“そういうこと言うなよ!”と怒られました」

ーなんでそんなこと言っちゃったんですか?

「だって、本当につまらなかったんですよ! “俺といたんだから、面白かっただろ!?”って言われたけど、そういうことではないでしょう?

“あのシーン、なかったよねぇ……”とか、そういう話を共有するのが楽しいんじゃないですか?」

ーなるほど。ふたりで映画批評をしたかっただけなんですね?

「そうです。なのに、“じゃあ、オマエがつくってみろよ”とか、わけのわからないことを言われ……。嫌いになりそうになっちゃいました」

ーその映画、どっちが選んだんですか?

「それはカレシです」

ー自分の趣味が否定された気持ちになったのでは?

「そうなんですかねぇ。でも、自分が選んだからといって、初めて観るわけじゃないですか? 男子って繊細なんですね」 

カレシが激怒してしまうデート中のNGを3つご紹介しました。「元カレと電話」はさすがにあまりやる人はいないと思いますが、他の2つはうっかりとしてしまうこともあるのではないでしょうか? 気をつけましょう。