もう許してッ…!カレシにされちゃった「エッチなおしおき」3つ

みなさんは、ダメなことをしてしまい、カレシから怒られちゃったことはありますか? 痛いのや恐いのは嫌だけど、それが「エッチなおしおき」だったら? またわざとダメなことしちゃったりして……。今回は女子たちに「カレシにされたエッチなおしおき」を赤裸々に語ってもらいました。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:くすぐりの刑?

「“今度遅刻したら、くすぐりの刑だぞ!”と、言われていたのですが、ついつい遅刻してしまい……。

その日の夜、悪夢が私を待ち受けていました……」(23歳/渋谷区)

ーくすぐりの刑が執行されたのですか?

「お泊まりデートで、ホテルのベッドでキスして、横にさせられた瞬間……。

“あ。そーいえば、今度遅刻したらくすぐりの刑だったよな?”と意地悪にニコッとして。

やばっ!と思ったけど、両手首を片手でガシッとつかまれ、頭の上に持ち上げられ……。でも、首すじとかにキスしてきたから、気持ちいい感じだったんです」

ーそれならば、よかったです。

「ところが、悪夢はそこから始まりました。

首からだんだんと下がってきたカレシの口が、私の弱点であるワキの下へ……! ビクッと反応してしまったのを見られてしまいました。

そこからカレシは、“おしおきしなきゃね”と言うと、ネチネチその部分を舐め続けたのです」

ーそれはキツそうですね……。

「くすぐったいやら、気持ちいいやらで、頭が真っ白になって、強すぎる刺激が永遠に続くかのようで、おかしくなりそうでした」

ーそのおしおき、もう一度されたいですか?

「うーん……。いやぁ。どうかなー……って感じですかね」 

2:お尻ペンペンの刑?

「カレシにお尻ペンペンされるのが好きです」(21歳/目黒区)

ーそれはエッチのときにされるのですか?

「……。じつはエッチのときにされたいかな、と思っています。

いまはケンカになって、私が怒ってしつこく叩いていると、それを制するように、“もう、いい加減にしろ”ってお尻をペンペンしてくるんです」

ーギャグみたいですね?

「結構、本気ですよ! 顔が真剣です。

でも、最初それをやられたときは、やっぱり笑っちゃいましたね。ケンカがその笑いでおさまったので、いざというときに使ってくるようになりました(笑)」

ーでも、ちょっとエッチな気分になってしまうと?

「そうなんですよ。私、変なんですかね……」

ーカレシは、エッチなつもりでやっているわけではないんですよね?

「たぶん。日頃のストレス解消みたいな感じです(笑)」 

3:ノーパンの刑

「おしおきっていうのかはわかりませんが、カレシの家に遊びに行くと、パンティを隠されるイタズラをよくされます。途中でコンビニに行くときとか、ノーパンなので、かなり恥ずかしいです」(23歳/埼玉県さいたま市)

ーそれは返してくれるんですか?

「ハイ。失くなったかと思ってあきらめていると、最後帰るときに、“ハイ、これ”と笑いながら渡してきます」

ーなんでそんなことをするんですか? ただ面白いから?

「たぶん、私が最初に彼のトランクスを隠したのが悪いんだと思います……」

ーなんでそんなことをしたんですか?

「いやぁ、焦って困っているところがかわいくて(笑)。でも、女の子にしなくないですか!? 普通、そんなこと!」

ーきっとカレシもかわいいと思っているんですよ。 

カレシにされちゃったエッチなおしおきを3つご紹介しました。結構キツそうなものから、微笑ましいエピソードまでありましたね。これもお互いの信頼関係があってのこと……なのでしょうか? なんかちょっと、ノロケにも聞こえましたよ。