震えるほど寒い…!だからこそできる「愛され女の冬モテ仕草」4つ

年末も迫り冬の寒さも厳しくなってきました。お外の空気が冷たいと、テンションも下がりますが、そんな寒い冬の時期だからこそできる”冬のモテ仕草”があるんです。ただ寒がっていても、愛され女子にはなれません。一体どんな仕草が、男性の心を掴むのでしょうか?

1:手を繋いで「温かいね」と微笑む

身体はコートなどで寒さを防ぐことが出来ますが、手袋をしていないと手は寒いままですよね。コートのポケットに手を入れて寒さを避けるのもよいですが、せっかくのチャンスです。彼に「手が冷たいよぉ」と言って甘えましょう。

きっと男性はあなたの手を温めるために、手を握ってくれるはずです。

彼があなたの手を握ってくれたら、男性の顔を見て「温かいね」と微笑みましょう。その可愛らしい表情を見て、彼はドキッとしちゃいます。 

2:繋いだ手を彼のポケットにインする

彼と手を繋ぐことが出来たら、その繋いだ手をそのまま、彼が着ているコートのポケットにインしましょう。

彼のポケットの中で手を繋いでおけば、外で手を繋ぐよりも温かいですし、何より彼の身体の体温を近くに感じることができます。

彼もあなたの手が自分の身体に近いところに迫っているのですから、自然とドキドキしてしまうことでしょう。 

3:二人でホットの飲み物をシェアする

身体を温めるためには、温かい飲み物を摂取することも大切です。自動販売機でホットの飲み物を買って、彼とシェアしましょう。

寒空の下、二人で一つの飲み物を分け合うことで、彼との間には親近感が生まれます。お互いにそれぞれ飲み物を買うよりも、一つの飲み物をシェアするほうが、男性もドキドキできますね。

一口飲んだら、男性に「はい、どうぞ」と言って、飲み物を渡しましょう。 

4:「暖めてよ」と言って抱きしめてもらう

寒い寒い冬は、どうしても身体が芯から冷えてしまいます。そんな極寒の場面だからこそできるテクニックが、「暖めてよ」と言って、彼に抱きしめてもらうという方法です。

人の身体は暖かいですから、彼に抱きつけば、かなりの温もりを感じることができます。寒さを和らげるためのハグですから、彼も嫌がりはしません。

彼に抱きついたら「身体温かいね」と言って、ドキドキさせましょう。抱きつかれた男性は、あなたのことを愛おしく思ってくれるはずです。 

いかがでしたか?

寒い時期だからこそ使えるこれらのテクニックを駆使して、男性との距離をもっと縮めてみてくださいね。寒い時期に人肌が恋しいのは男性も同じです。

 

  

【参考】

厚着だからできる!彼がドキッとする「冬のモテしぐさ」5つ – Dangdep!