彼を怒らせるの怖い?二人の関係が「中毒的」である危険なサイン3

好きな人には嫌われたくないと思うのは当然の心理です。でも、そのためにいつも彼の言いなりになってしまうなんていう場合も。本来、お付き合いは人生をポジティブな方向に向かわせてくれるものであるべき。あなたの人生を狭めるような恋愛は健全とは言えません。そこで今回は、彼との関係が不健全な中毒症状を起こしている危険なサインを3つご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:自分が不完全であると思わされている

好きな人ができると、彼に愛されるために、たくさんの努力をしてしまうかもしれません。

それは決して悪いことではないのですが、その努力が癖になってしまい、いつでも努力していなければ愛がなくなってしまうと考えてしまうのは少し危険。なぜならそんなあなたの思いを逆手にとって、あなたを常に不安に陥れる男性も存在するからです。

彼から思いやりより批判を多く受けている

あなたを不安に陥れることで、常に自分が優位に立とうとする男性の特徴として、あなたを必要以上に批判することが挙げられます。

本来、愛するということは相手のありのままの全てを受け入れるところから始まるもの。その中でお互いが成長しあっていける関係がベストです。

それなのに、彼から思いやりよりも批判ばかり受けているという印象があるのであれば、彼の行動はあなたへの愛に基づいているとは言いにくいでしょう。

あなたの意見を最後まで聞かずに途中で話を中断させる

彼はあなたの意見を最後まで聞いてくれますか? 実はこれは二人の関係が”中毒的か”どうかを考える上で大切な判断材料。

彼ばかり一方的にあなたに意見をし、あなたからの意見を最後まで聞かずに話を遮るようであれば、彼の行動源は愛よりもコントロールに傾いている可能性が高いのです。

 

 

2:彼を怒らせないために、別の人間を演じている

あなたは彼の前でありのままの自分でいられますか?

例えば疲れている時に先に眠る。友達との外出は当然彼の許可なく行くことができるなど、当たり前のようなことをできない場合は、その理由を考えてみる必要があります。

直接的には反対しないにしても、彼の態度や反応を考えると自分のやりたいことを後回しにしてしまうというような場合は、彼の見えざる手によりコントロールされている可能性が高いのです。

それを分かりながらも抜け出せないのなら、その関係は“中毒的”な要素を孕んでいるのです。 

3:彼はあなたの成長を喜んでいない

恋愛も人間関係の一部。彼との関係があなたを高め、成長させてくれるものであることが理想的です。

でも、中には彼女の成長や新しい発見を良しとしない男性も存在します。

彼らは彼女を失うかもしれないという心の奥に秘めた恐れを、あなたをコントロールすることで解消しようとしているのです。

あなたの新しいステップを妨害する彼とはさよならする勇気も必要

より良い条件での転職、新しい趣味の発見、気の合う人との出会いなど、あなたの人生にとってプラスになる出来事を一緒に喜べない、更には妨害しようとするような彼なら、関係を考え直す必要がありそうです。

人生は一度だけ。その人生の幅を狭めようとする人といつまでも一緒にいて様々なチャンスを失ってしまうのは、あまりにもったいない事。

共に明るい未来を描ける相手にシフトして行きましょう。

 

いかがでしたか? “中毒的”な関係に依存してしまうと、多くの時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。

生涯を共に生きるパートナーは、あなたの人生をより輝かせる人を選んでくださいね。