仕事中にドキッ!? 「不意に抱きしめたくなる」女の真剣しぐさ3つ

みなさんは女子として、仕事中でもちゃんと男子をドキドキさせちゃっていますか? 「仕事は仕事。私はちゃんと真剣にやってます!」と思ってしまったかもしれませんが、そんな人こそ、男子たちにドキドキを振りまいているかもしれませんよ。今回は元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんが、「男子をドキドキさせるしぐさ」をご紹介。

男子は仕事中にドキドキするの?

ー今回は、仕事中に男子をドキッとさせるしぐさについてです。

ナナミ「男子って、仕事中なのに“抱きしめたい!”と思ってしまうことってあるんですか?」

ーたまにありますね。

ナナミ「ちゃんと仕事しなさいよ(笑)! それはどんなときですか?」

ーいや、だから、なんて言うのかな。そういういやらしい意味じゃなくて、なぐさめてあげたいなーってときですよ。業務の一環で。

ナナミ「それは業務の一環ではないでしょう(笑)! ただ、つまり、仕事で感情的になっている女子を、落ち着かせてあげたい……という気持ちですよね」

ーそうですね。なんか、必要とされてる気がしちゃって。目の前で感情を剥き出しにされると。

ナナミ「仕事中に感情的になっていること自体、おかしいですもんね」

ーそうなんですよ。特別な状況じゃないですか? だから特別な対処が必要かなって……。

ナナミ「実際、仕事中にギャーッと感情的になった女子がいて、なぐさめてあげなきゃと思って、“抱きしめたいな”と思った。その女子にどういう感情をもちますか?」

ーちょっとドキドキしますね。

ナナミ「いやらしい目的ではないって言ったじゃないですか(笑)?」

ーでも、抱きしめてなぐさめていることを想像するとドキドキしちゃいますよ。

 

仕事中にドキドキさせる真剣しぐさ3つ

ナナミ「仕事中だろうが、なんだろうが、女子が感情的になっていると、男子は落ち着かせてあげたくなるものなんですよ」

ー女子が感情的になっていると逃げたくなる場合もあるのでは?

ナナミ「それは、その感情が“自分に”向けられたからですね。

“あなた何してるの!? ふざけないでっ!”

と怒られたら、それは逃げたくなるでしょう」

ーなるほど。

ナナミ「反対に、感情の矛先が自分ではなく、他のことだったら、ヨシヨシとなぐさめてあげたくなるものです。とくに二人きりだとね。だから、仕事中っていうのは、意外とドキドキさせるのに好都合と言えるでしょう」

ー具体的にはどんな風にしたらいいですか?

1:足をバタバタする・・・怒りを表現

ナナミ「地団駄を踏むのは、わかりやすい怒りの表現になりますね。両手を上から下に振り下ろす動作とともに、片足で地面を叩く。これを2、3回ですね。自然にできます」

2:顔を手で覆う・・・悲しみを表現

ナナミ「“もうやだ〜”などと言いながら、手で顔を覆うしぐさ。これは泣いている感じが出て、悲しみの表現になります。そのあと、顔を手で覆いながら無言でいる時間が長いほど、抱きしめられる確率は上がりますね」

3:寄っ掛かる・・・心の疲弊を表現

ナナミ「“どうしよう〜”などと言いながら、壁などに身体を斜めにして寄っ掛かる。おでこを支点にすると、いいですね。積極的にいきたいときは、壁ではなく、男子に寄っ掛かってしまうのもありだと思いますよ」

 

というわけで、仕事中に使える「男子をドキドキさせるしぐさ」を教えていただきました。

ナナミ「これらのしぐさには、感情が入っていることが大事です。それには仕事に真剣に打ち込む必要があります。真剣だからこそ壁にぶつかったときに、感情的になれるのですね。そこに男子は撃たれます! ハートが」

仕事に真剣になれて、男子もドキドキさせられるのならば、一石二鳥なのではないでしょうか。ぜひ試してみてください。