3カ月の壁…彼のことが好きかどうかわからなくなった時の対処法

付き合い始めたころは、相手のことしか考えられず、仕事も手につかないなんて状態が続き、デートともなれば天にも昇る喜びを感じられます。ですが、だんだんとその気持ちも薄れてきて、「あれ? ○○君ってこんな人だったっけ?」と相手への気持ちが変化してしまい……。そして3カ月経ったころ恋人たちに最初の危機が訪れます。

3カ月で夢からさめる?

よく、恋愛で危険なのは3カ月1年3年と言いませんか? 人にはあらゆることに順応するために慣れるという機能があります。好きな気持ちがあまりにも強すぎると、慣れることがなく生活に支障をきたしてしまうこともあるでしょう。

ですが、だからといって3カ月で相手が嫌いになっちゃうのは仕方ないと諦めてはいけません。この時期は恋愛が次のステップに移る時期でもあると言えるでしょう。

だからこそ、この時期をしっかり乗り切ることが、長い付き合い、ひいては彼とのゴールインに大事になってくるのです。

この時期によくあるのが、相手の嫌な部分が見えてきてしまうということ。それまでは全部許せていたことが許せなくなって些細なことでケンカが増えてしまいます。

 

どこが嫌か具体的に考える

こんな時に効果的なのが、相手の嫌な部分を具体的に思い描いてみることです。紙に書き出してみてもいいですし、ただ頭の中で思い返してみてもいいです。

今までは「大好き」という言葉に隠れて見えてこなかった、彼の悪い部分を認識するところから、相手との関係の再構築が始まります。

どこまでなら許せるか決める

付き合い始めは許せていたことが許せなくなってしまったときには、どこまでは譲れる範囲かを考えてみましょう。たとえば、家デートでダラダラしたがる彼なら、月に1回は外へデートに出かけたいと伝えてみるなど、お互いの気持ちが楽になる部分をさがしていきます。

 

男女差があることを認める

また、別の方法として、男女差があるから仕方がないといい意味で諦めることも大切です。

『Dangdep!』の過去記事「どうしてわかりあえない脳!? 知れば許せる“男脳のメカニズム”4つ」でも紹介したように、男女の脳の作りの違いから、言葉の使いかた、感情表現、重要視する物、記憶の仕方などなど、ほとんど別の生き物だと思っていいほど男女は違う物なのです。

そこで、「どうしてわかってくれないのよ!」といちいち腹を立てていても、時間と労力の無駄です。

男はこういうものだから仕方ないと思うと、気分も楽になりますよ。

 

コミュニケーションを多めにとる

そして何より、相手との関係がぎくしゃくしてきたと感じたら、面倒くさがらずに相手とのコミュニケーションの量を増やしてみましょう。

あなたが感じていることを素直に伝えれば、彼もいきなり怒ることはなく、一緒に問題解決のための方法を探してくれるかもしれません。

ここで大切なのは感情的になるのではなく、相手に「私、○○君のこういうところが苦手なんだけど……」と相談するのです。さらに「○○君は私の嫌いなところない?」などと勇気を出して聞ければGOOD。

こうやって相手と自分の距離を少しずつ埋めていけば、多くの人が迎えてしまう別れを防げる可能性が高まります。

 

目の前に壁が立ちはだかった時、逃げてしまうとあとですごく後悔することもありますよね。恋人との壁は2人で力をあわせて乗り越えられるように、お互いに努力することが大切ですよ。

 

 

【参考】

大復活!彼との冷めた関係を「もう一度」ラブラブにする方法 – Dangdep!