これでモテモテ!男が勝手に「エロ認定」する女になる方法3つ

エロい女って言われるのってどう思いますか? そんな目で見られたくない! という人も多いでしょうが、全然エロさを感じてもらえないのも、女として寂しいですよね。そんな人は自分から少しだけ男性にエロく思ってもらえる行動を起こしてみてはいかがでしょう。男性陣へのリサーチからエロ認定されやすい女性像を探ってみました。

1:恋愛の話をあえてしない

『Dangdep!』の過去記事でも、男性は“恋愛の話を全然しない女性”をみると、勝手に想像でその部分を補うと言う話がありました。

このことについて男性陣に聞いてみると、

「具体的に恋愛の話をまったくしたことがない人だと、逆に“この人、実はベッドではすごいんじゃないか”とか考えちゃうことはありますね」

なんて言葉が飛び出しました。

完全に男性たちの妄想が爆発しているだけですが、実際にあまり話をしないからこそ、想像だけでエロさが生まれるということがあるようです。

 

2:隠れ巨乳アピール

男性は胸が大きいというだけで、“エロい女”認定をしてしまうこともあるようです。単純ですよね。

もしあなたの胸が大きければ、それを少し強調するだけでいいですし、胸は普通だというのなら、「胸のせいで肩がこるんだー」などと、実は隠れ巨乳であることをアピールしてみてもいいかもしれません。

「胸が大きいとエロいんじゃないの?」なんて、当たり前のことを言うように言ってくる男性もいたので、巨乳=エロという神話は、男性陣のなかでは結構当たり前になっているようですよ。

 

3:下ネタが始まったら席をはずす

「男女で一緒に飲んでて、エッチの話とか下ネタをふると顔が赤くなったり、お手洗いと言って席をはずす人っていますよね。あれみてると、実際はすごいんじゃない?って思います」

「下ネタにどんどん割り込んでくる女性や、下ネタをシレっと流す女性より、そういう話が苦手な女性の方が実はエロそう」

下ネタを避けるのは、男性経験が少なくてウブな女性だと思われやすいのかと思っていましたが、実際は逆のこともあるようです。

最初に出てきた恋愛の話をしない人と同様、実際は違うんじゃないかというギャップを想像させる効果があるため、下ネタに参加しない女性の方が男性陣からエロ認定されやすいのかもしれません。

 

いかがでしたか?

自分にはエロ要素がちょっと足りていないんじゃないかと思ったら、この辺りを参考に少しだけエロ女風味を醸し出してみてはいかがでしょう。