好き好きモードに突入!男が耐えられなくなる「女のしぐさ」3つ

みなさんは、気になる男子ができたときに、なにか手立てはありますか? それとも手をこまねいて、見ているだけですか? せっかくの恋心、なんとか成就させたいですよね。そこで今回は、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに、男子が「もう耐えられないっ」と好き好きモードに突入しちゃう特別なしぐさを教えていただきました。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:正面以外の目線

ナナミ「即効性はないですが、何度か繰り返すことで、じわりじわりと効いてくるのが、正面から以外の目線ですね」

上目遣いもコレの一種

ナナミ「例えば、モテしぐさの代名詞のようになってしまい、“ブリッコ”扱いされてしまうこともある“上目遣い”も、この一種。

正面ではなく、目線は下から上に向かっています。目線が正面じゃなければいいので、“私は背が高すぎて……”という人も、諦めることはありません。高いヒールでもはいて、見下ろせばいいのです」

流し目も!

ナナミ「もちろん、横から目線だけで見つめる“流し目”も使えます。これならば身長は関係なく、座りながらでもOKですよ」

正面からはダメなの?

ナナミ「正面からしっかりとアイコンタクトをすることも、誤りではありません。でもそのくらい、誰とでもするでしょう? 正面以外から目線で見つめることで、特別感が演出できます。

現代ではスマホやPCなど、正面のみを向くことが多く、眼球を動かすことが少なくなりましたから、意識的に正面以外の目線を活用すると、他の子と差がつけられますね」 

2:腕をつかむ

ナナミ「ボディタッチの一種ですが、相手の腕をキュッとつかむしぐさも効果的です。つかまなくてもいいのですが、効果的なボディタッチにはひとつのルールがあります」

さわっている時間は長めに!

ナナミ「ボディタッチをするときに、恥ずかしいからといって、バシッとおばちゃんのように叩くだけでは、恋愛的には効果がありません。つかまずとも、ポイントは、バシッと叩いた際に、そのまま何秒か相手の体に手を置き続けることです。この数秒の違いが大きな差となります。だからつかむといいのですね」 

3:髪の毛アタック

ナナミ「自然に使えるけれど、やっている人が少なく、絶大な効果があるしぐさとして、髪の毛アタックがあります。これは、髪の毛を相手に“当てる”というテクニックです」

香りや感触がたまらない

ナナミ「女子の髪の毛というのは、その香りなど、男子のものとは違います。それだけ、“女”を感じさせるパーツなのです。しかも、意外にも無造作に相手にくっつけやすいんですよね。

例えば、“えーっ?”と言いつつ、肩に頭をポンとのせたり、“どーしようー……”と困りながら、胸に寄っ掛かったり……。

隙があれば普段使いもできますが、一番やりやすいのは、デートに持ち込んだとき。とくに飲みデートでは、絶大な効果を発揮します」

 

男子が耐えられなくなる“しぐさ”を3つご紹介しました。ちょっと勇気がいるけど、行えば絶大な効果が発揮できそうですよ。どうしても気になる男子がいたら、チャレンジしてみてください。

  

【取材協力】

ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書も絶賛発売中。