「所詮おっぱいだけ」とか思ってる?今すぐ磨くべきセクシーパーツ3つ

「セクシー=巨乳」この式は多くの女性の脳内に刷り込まれているもの。では、胸が小さいとセクシーではないのでしょうか? いいえ、それは大きな間違い! 他にも磨くことでとってもセクシーな女性に変身することができるパーツがあるのです。そこで今回は、セクシー美女を作り上げる“おっぱい以外”の要素を3つご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:つやつやロングヘア

艶のある長い髪は、多くの男性にとって魅力的に映るもの。ロングヘアというだけでセクシーに見えるのだから、伸ばしてみない手はありません。

ただ難点はケアが大変なこと。長い分、ぼさぼさにしていると逆にみっともない印象に。濡れたまま放置すると傷みやパサつきの原因になりますので、きちんと乾かすのが必須です。

とはいえ、美容整形なんかしなくたって劇的に印象を変えられるパーツですので、努力の甲斐は十分に見込めるのです。

ロングでもマメなカットは必須

髪が長いとついついカットを怠りがちですが、ロングヘアでもマメなカットは必須です。

また、ドライヤーできちんと乾かすとどうしても毛先が傷みがち。時にはトリートメントを取り入れて若々しい艶髪をキープしましょう。

 

2:ぷりぷりヒップ

お尻か、おっぱいか……常に論争が起こるほど、バストと並んでセクシーパーツの代表格、ヒップ。

このパーツは、おっぱいに比べてトレーニング次第で何とかなりやすいのが特徴。おっぱいが比較的小さくても、お尻がぷりっと上がっているだけでセクシー美女としての格がダントツアップ。

ダルダルに垂れたお尻でも、計画を立ててきちんとトレーニングをすれば、お尻は裏切らないはずです。

大きなお尻は超セクシー

大きなお尻は世界的に市民権を得ています。デニムのパンツをはいてお尻がパンパンなのは何よりセクシーな証。

モデル体型にあこがれるのも分かりますが、あまりに細い体よりも女性らしい柔らかさを持った体こそセクシー。大きなお尻をぜひ大切にしましょう。

 

3:ぷるぷる唇

誰かを好きになると、キスしたくなりますよね? そんなキスの象徴的な体のパーツが唇です。

柔らかそうで魅力的な唇は、恋愛の第一ステップであるキスへの導線になるため、磨いておいて絶対に損はありません!

濃い色のリップよりナチュラルぷるぷるリップ

気合が入るとついつい濃い目のリップカラーを使いたくなってしまいますが、リップこそ引き算の法則を用いましょう。

真っ赤なリップは意外と男性に人気がありません。鉄板はやはりナチュラルピンク。乾燥する冬場は、保湿を十分にすることが何より欠かせません。

 

いかがでしたか?

女性のセクシーはバスト以外の部分で十分演出することが可能です。そしてどれもが努力でどうにかなるものばかり。

ぜひ参考にしてみてくださいね!