いい湯だな~…って眉なしぃ!? 「日帰り温泉」入浴後でのNG3つ

寒い季節、日帰り温泉デートは、ココロもカラダも温まりますよね! でも、どんなにラブラブな二人でも更衣室は男女別。お風呂から上がって更衣室から出てきたときの身だしなみによっては「ゲッ……入る前と別人!」なんて衝撃を招くこともあるのです。
今回は恋愛ライターの筆者が、日帰り入浴デートのNG行為を3つご紹介します。

NG1:コーヒー牛乳を仁王立ちで飲む

入浴施設のロビーなどには、牛乳の自販機が置かれていることも多いですよね。お風呂上がりのコーヒー牛乳やイチゴ牛乳を、密かに心待ちにしている女子もいるはず。

しかし、牛乳を仁王立ちでゴクゴク飲む姿にはオトコもドン引き。

手を自らの腰にあて、喉を鳴らしながら牛乳を飲み干す姿はエレガントではありませんし、なんだか見てはいけないものを見てしまった気になるオトコもいるのです。 

NG2:髪びしょ濡れで出てくる

彼との集合時間が迫り、「ヤバっ。身だしなみ整えてると間に合わない!」というシーンで、あなたなら何を省きますか?

このときにヘアドライを省いてびしょ濡れの髪で出ていってしまうと、それだけでギョッとするオトコは少なくないのです。

「お待たせ~」なんて言いつつ、髪から水滴がポタポタ……な姿を見せてしまえば、「意外とガサツ?」などと不名誉なレッテルを貼られることも!

寒い季節は髪が濡れているだけで体調までも崩しやすいです。時間がなくともまずはヘアドライを優先させるのが賢明といえそうです。

ビショビショの髪で近づかれても、「俺の服が濡れちゃう……」と気になって仕方ないかもしれません。 

NG3:眉がない顔で出てくる

お風呂でしっぽりリラックスできれば、もはやメイクなんてしたくない気持ちに。そのままのノリで「すっぴんでいいよね!」と、なんにもしないで彼の前に登場してしまったり。

けれども、他のメイクはともかくとして、“眉ナシ顔”は女性が思う以上にオトコをギョッとさせているのです。

「あれ……? 来たときと顔が違う……!?」なんて思われちゃえば、ラブの行方も危険です。

メイクはせずとも、眉毛だけは整えておくのが入浴後にもモテる鉄則なのです。 

いかがでしょうか?

日帰り温泉施設デートは、入る湯船が別々であってもほっこり気分になりますよね。

「お待たせ〜」なんて言いつつ彼女が出てきたシーンでは、色っぽい姿を期待しているオトコも多いのです。

それなのに、あまりにもエレガントとかけ離れた姿で出てきてしまえば、暗雲が立ちこめることもあります。気をつけておきたいですね!