見逃さないで!会話で分かる「男性の好きのサイン」3つ

男性と一緒にいて、なんとなく「このひと、私のことが好きかも」と感じる事ってありませんか? そんなときは、無意識のうちに“好きなひとにだけする行動”を相手から感じ取っています。しかし、男性がとるその行動に共通点はあるのでしょうか? 今回は、大学で恋愛心理学を担当する筆者が、この謎をご紹介します。

1:雑談や日常のささいな会話

好きなひとにだけする行動は、なにも特別なことではないんです。じつは、“ささいな会話”というのも、好きなひとにだけする行動の一つ。

恋愛心理学的にみれば、恋愛の進展段階は、

(1)友達や勉強・仕事の話をする

(2)ちょっとした相談をする

(3)用もないのに電話をしたりする、

(4)一緒に外出する

(5)キスをし抱きあったりする

(6)恋人として友人に紹介する

という段階を踏んでいきます。

つまり、好意をもっている相手に対して、ひとが最初に行う行動は、じつはささいな会話だったりするんです。

たいした内容の話なんかはしていません。基本的には、時間つぶしや退屈しのぎのための雑談だったりします。或いは、冗談やうわさ話、その日の出来事や事件の話だったり。

必ずしも、好意を示すような会話がおこなわれることはないんです。むしろ、「今日なにしてた?」っていうような会話の方が多いんです。

 

2:自分の話

そして、自分に関する話も話題にあがったりします。というのも、ひとは相手と親密な関係になろうとするとき、自分自身に関する情報をありのままに相手に伝える“自己開示”がおこなわれます。ときには、親や友達にはいえない秘密を相手に話したり。

ですが、これもそこまで深刻な話をしなくても、その日の出来事を話すだけでも十分に自己開示になっています。

というのも、その日の出来事を話す会話は、その出来事に対する個人の感想も含むので、話すひとの価値観や考え方などが反映します。そのため、直接に価値観などを表明しなくても、普段の会話を通じて、お互いを理解していくことができるんです。

 

3:スキンシップ

そして、忘れてはいけないのはスキンシップ。手をつないだりするのはもちろんのこと、会話中に相手の体に触れたりするのもありますよね。

これは、エッチな意味でそういう行動をしているのではなく、乳児が母親を求めるような愛着行動(アタッチメント)と同じ意味が、心理的にはあります。

つまり、好意をもつ相手と情緒的な絆を築こうとしているわけです。ですので、これも当然ながら、好意をもつ相手としかおこなわれないんです。

 

いかがですか? 思い当たる行動はありましたか? もしかしたら、日ごろよく話す彼は、あなたに好意をもっているかもしれませんよ。