別れたいのに…泥沼!なかなか「離婚成立に至らない」夫の理由3つ

せっかくご縁あって結婚したけれど、ワケあって離婚を選ぶ夫婦だっています。でも、どんなに離婚したくても、なかなか離婚が成立しないこともあるのがリアルな話。今回は、様々な離婚相談を受けてきた元市議の筆者が、離婚を決めてもなかなか離婚成立に至らない理由を3つご紹介します。

1:世間体

夫婦の話し合いで「離婚しよう」という方向性が決まっても、離婚届になかなかサインをしてくれなかったり、条件面での話し合いが一向に進まなかったり……。

そして、世間体を強く気にするタイプのオトコほど、「妻とは一緒にいたくないけれど、離婚届を出してバツになるのはちょっとなぁ」なんて理由から、具体的な離婚話を避ける傾向もあります。

気持ちでは“離婚”と決めていても、実際に籍を抜くダメージを考えてしまうと、急におじけづくタイプですね。

離婚にはダメージがつきものですからここで考え直して修復に向かえばハッピーですけれど、単に「離婚したいけど、バツがつくのはなぁ」とウジウジしているだけだと厄介なんです。

この手の夫を相手に離婚をしようとすると、夫の踏ん切りがつくまで離婚届の提出を待たされることも多く、長期化することもあります。

 

2:ケチ

離婚を成立させるにあたっては、親権や財産など夫婦で話し合うべき課題が山積しています。もちろん、話し合いなどなくともパッパッと片付く場合もありますが、多くは話し合って解決していくことになるでしょう。

そして、夫のほうから離婚したがっている場合に夫婦の全財産を妻に渡すぐらいの覚悟がある人は早期に離婚成立する一方、「別れたいけれど、お金はあげたくない」というケチなオトコほど条件面で長引き、長期化します。

妻がバリキャリで夫より稼ぎが多いケースを除いては、離婚によって経済的不安が伴う妻が多く、お金の話は深刻です。

「こんな条件では、とても離婚なんてできないわ!」と妻が憤りを感じるパターンも少なくないので、ケチなオトコとの離婚話は長期化する傾向にあるのです。

離婚するにしても、一度は愛した女の将来に配慮するぐらいは“男気”が欲しいですよね。

 

3:マザコン

マザコンなオトコとの離婚も、離婚話に姑の意見が入ってくるために長引く傾向に……。

本来、離婚は夫婦で話し合うべきことなのに、マザコン夫はことあるごとに母親に相談し、意見を聞いて、それに左右されてしまうんです。

姑は息子である夫に有利になるよう話を進めたがりますから、妻としては受け入れ難い条件を提示されることも。

マザコン夫とは結婚生活も波乱になりがちな上に、いざ離婚するとなった時にも面倒なことになりやすいのです。

自分の離婚話ですら母親の意見に左右されるなんて、マザコン夫との結婚は百害あって一利なしかもしれませんね。

 

離婚は、結婚の何倍ものエネルギーがかかるとも言われます。ただでさえエネルギーが必要なのに、夫の性分によってさらに面倒な話になるのは厄介ですよね。

問題が長期化すれば、妻だって疲弊していくもの。ただでさえ離婚は悲劇なのに、夫の性分のせいで泥沼化を招くこともあるのです。

いかがですか? あなたの夫は、あっさり離婚に応じてくれそうなタイプでしょうか?