ベタだけど…ぶっちゃけどう?「手作りチョコを貰った」男子の本音

あなたはバレンタインデーに、手作りチョコを渡したことはありますか? 世の男性たちは、“手作りチョコ”に対してどんな感想を抱いているのか……気になりますよね! 日本ホームパーティー協会の『2017年バレンタイン&ホワイトデーに関するアンケート調査』をもとに、手作りチョコへの赤裸々な本音トップ3をお伝えします。

3位:「正直手作りは重苦しい」

500名の男性に「バレンタインの手作りチョコをどう思いますか?」と質問をぶつけてみると、3位には14%が選んだ「正直手作りは重苦しい」が選ばれる結果に。

やはり、“手作り”という事実に重い愛情を感じてしまい、無条件に「重いな……」と思ってしまう男性が少なからずいる様子。

“重い愛情”をあえて示したい場合には、手作りチョコの選択肢もアリですが、重さをアピールしたくない場合には、市販のチョコを選んだほうが賢明かもしれません! 

2位:「女性らしい一面を感じるので嬉しい」

続いて、同質問に対して28%が選び2位になっていた本音が「女性らしい一面を感じるので嬉しい」でした。

手作りチョコって、他の手作りのスイーツに比べると、手間がかからない割には、“女らしさ”をアピールするにはうってつけのものになるようです。

どれだけ手間がかかっているのかよりも、“手作りする”という行為自体に女性らしい面を感じるのが男性なのかもしれません。

家庭的な面を強調したい女性は、手作りチョコを渡すと効果的のようです! 

1位:「心がこもっていて良い」

そして、同質問に対して36%が選び堂々の1位になっていた本音が、「心がこもっていて良い」でした。

市販のチョコをもらうよりも、手作りの一品を受け取ったほうが「真心がこもっていていいよなぁ」と感じる男性が多いようですね。

「自分のために手間暇かけてくれた」という事実が、「心がこもってる」と思う要因のひとつかもしれません。

バレンタインデーに心をこめた贈り物をしたい女性は、“市販チョコ+プレゼント”の組み合わせよりも、手作りチョコに賭けたほうが相手に伝わる可能性が高まるかも! 

いかがでしょうか?

バレンタインデーのチョコを“手作り”にするか“市販のもの”にするかは、相手によって変えたい女性だっていますよね。

手作りチョコを渡したときに、相手がどう思うのかまで想像できれば、恋愛上級者になれそうです。

とはいえ、手作りチョコには概ね好意的な感想をもつ男性が多いようで、ちょっとひと安心でもありますね。

あなたは今年、チョコを手作りする予定ですか? よろしければ、参考にしてみてください。

  

【参考】