「おやおや品がない…」ゴルフ場で幻滅される女子マナー3つ

ゴルフをたしなむ女子も増えていると聞きますが、マナーを重んじるゴルフ場ではモテを狙う行為よりも、“幻滅を招かないよう振る舞うこと”も大事です。ちょっと気を抜いた仕草のせいで「下品だなぁ」なんて思われたくないですよね? 元市議で自身もゴルフをたしなむ筆者が、ゴルフ場で非モテに転落する女子のNG行為を初級・中級・上級別にお伝えします。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初級NG:スタート時間が近いのにカートにいない

ゴルフは、スタート時間が決められている上に、なにかと“早め早め”の行動がマナーのスポーツ。最低でもスタート時間の5分前にはカート付近に待機している必要があります。

ところが、お手洗いやメイク直し、LINEの返信などで時間ギリギリまでカートに来ない女子もいるのです。

このとき、カート付近にいる人たちで繰り広げられているのは「おっせぇなぁ」という男子からの文句や、全員の苛立ち感……というのも珍しくない話です。

スタート時間に余裕をもってカート付近に集まるのは、ゴルフのマナーなので、心得ておきましょう。

ゴルフ初心者女子ほど陥りやすい非モテ行動かもしれません。 

中級NG:自分のショットに言い訳が多い

ゴルフ場でのショットは、常にベストな球が打てるとは限りませんよね。

なので、ミスショットをしてしまったり思い通りに球が飛ばなかったりすると「本当はもっと上手なのに……」と、つい言い訳している女子もいます。

「当たれば120ヤードは飛ぶんですけどぉ~」「今日は肩が痛いから、球が右に行っちゃうみたい~!」なんて言い訳は、どんなに可愛く口にしたとしても、男性陣をイラつかせることが……。

「ゴルフには人間性が出る」というのも定説なだけに、ショットの言い訳ばかりしていると「本性はこういう子なんだろうな」と非モテに転落しやすいんです。

こちらは、少しショットに自信が出てきたゴルフ中級女子にいる非モテです。 

上級NG:グリーン上でラインを読むときの大股開き

ゴルフは、パターでもフェアウェイでも一打は一打。だからこそ、スコアを上げたい女子ほど、グリーン上でのラインを読むのも真剣になりますよね。

しかし、真剣になりすぎて大股を開げて座るような仕草をしてしまうと、一気に幻滅する男性も少なくありません。

グリーン上でラインを読もうとすると、思わずガニ股になってかがんでしまいがちなだけに、ウッカリ下着を見せないよう気をつけたいところ。

男性は“見えそうで見えない”の姿には好感をもつものの、自らガサツな動作をしている姿には幻滅をしやすいんです。

ラインを真剣に見極めたくても、股は閉じたまましゃがむようにしておきましょう。

これは、真剣勝負でゴルフをしている上級女子もやりがちな非モテ言動です。 

いかがですか?

ゴルフはマナーが求められるスポーツだけに、ちょっとした仕草でも大きなゲンナリ感を招くことがあるんです。

ゴルフ場でもモテを狙いたい女子ほど、非モテになる言動は慎んでおきたいですよね。